> 趣味・ライフスタイル > ジムに行ってるのに筋肉がつかない!?独身男の食生活を見直そう

ジムに行ってるのに筋肉がつかない!?独身男の食生活を見直そう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.09.25

鍛えられた肉体に憧れを持っていて、自分も雑誌の表紙を飾っているイケメンモデルのような引き締まった肉体が欲しい。ハリウッドスターや格闘家のような、いかにも格好良い色気のある肉体を手に入れたい。

そんなふうに理想の肉体美を夢見て、仕事帰りや休日の時間を利用してスポーツジムに通い詰めている独身男性はたくさんいます。しかし、ジムに行っているのに何故だかわからないけれど思ったように筋肉がつかない。そんな悩み、ありませんか?

独身男性の皆さんに、気がつかないところで筋肉がつかない生活をしてしまっていないか、その注意点をご紹介させていただきたいと思います。

筋肉が増えない原因、その一つは独身男性の食生活にあるのです。

独身男は栄養バランスが崩れがち

どうしてもという訳でもありませんが、独身男性の一人暮らしだとやはり栄養は偏りがちになってしまいますよね。料理を作る手間と時間が面倒で、いつも外食やコンビニ、スーパーで買い込んだ弁当やパン、お惣菜で済ませてしまっているという方も多いでしょう。

若い間は食生活や生活習慣が乱れていても、体調を崩すなど体に響いてくるようなことはそうそうありません。徹夜だって平気の平左、という方も多いでしょう。だからこそ軽視されてしまいがちなのですが、実は、筋肉質で引き締まった肉体を作る上で、栄養バランスの乱れは非常にやっかいな敵なのです。

お惣菜や弁当、パン、外食やお酒を中心とした食生活では、どうしてもビタミンや食物繊維などの体に必要な栄養素をしっかりと摂取することが出来ません。せっかくつらい思いをしながら、大変なマシントレーニングをスポーツジムでこなしてきても、栄養バランスが崩れていると筋肉はつかないように出来ているのです。

筋肉は回復する時に増量する

皆さんは、筋トレをして筋肉が強くなる、太くなるということについて、正しい知識を持っていますか? ただひたすら厳しいトレーニングを続けていれば、それだけでいつの日かイケメンモデルやハリウッドスターのようになれると思ってはいないでしょうか。

人間の筋肉というのは、筋繊維と呼ばれる細い繊維が寄り集まり、一つの束となって出来ています。この筋繊維の塊、つまり筋肉が伸びたり縮んだりすることによって、我々は体を動かしているのです。

この筋繊維は、伸び縮みする際に強い負荷が掛かってしまうと、微小に傷ついてしまいます。この時についた傷やそれを原因とする炎症といったものが、いわゆる筋肉痛と呼ばれるものです。

傷ついた筋繊維は、今の状態では同じことが起こったらまた傷ついてしまう、それならもっと強くなろう、と傷つく前よりもほんのすこし太く強く再生するのです。これが、筋トレをして筋肉がつく原理、超回復です。

筋トレをして超回復する。そのサイクルを延々と繰り返すことによって、鍛えられた肉体になる訳です。しかし、筋肉を再生させる時、体内に必要な栄養素がないと十分に回復することが出来ませんよね。

栄養バランスが崩れており、例えばほかの臓器が困っていれば、体は筋肉よりもそちらの臓器の方へと栄養を回してしまいます。

栄養バランスを疎かにするということは、行われるはずだった超回復を阻害してしまうことになるのです。

筋肉を作るためには良質なタンパク質をきちんと摂取している必要があります。普通の食事で、激しいトレーニング後の超回復に耐えられるほどタンパク質を取ろうとすると、もの凄く高カロリーな食事をしなければなりません。

そこで使うのがプロテインです。栄養バランスを考えて毎日の食生活を見直し、更にプロテインを飲むならば、ジムに行っているのに筋肉がつかない、という悩みは解消することが出来ます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加