> 趣味・ライフスタイル > そのコツは相づちにある!あなたも「聞き上手」と呼ばれよう!

そのコツは相づちにある!あなたも「聞き上手」と呼ばれよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.24

突然ですが、あなたは「聞き上手」と言われたことはありますか?

モテる男はよく聞き上手だと言われています。女性は喋りたいイキモノですので、とりあえずは話を聞いてくれると安心なのです。聞き上手男は安心感を与えます。

つまり偶然の出会いで女性と話すチャンスがあったとして、その彼女がまたあなたと話をしたいな=また会いたいなと思うのは、ワンチャンスであなたが聞き上手に徹していたかにかかっています。

聞き上手の基本は「相づち」

それでは、具体的に聞き上手とはどういうことでしょう?聞き上手でない私たち一般男性はどうすればいいのでしょうか?

聞き上手とは言っても、本当に聞いているだけでは相手の反感を買ってしまうだけです。随時、適切な相づちを打てるのが本物の聞き上手です。相づちを打つのは「あなたの話をちゃんと聞いているよ、理解しようとしているよ」という証拠です。適当に「へー」とか「そうなんだー」と言っているだけではちゃんと聞いている様には見えません。

相づちにはリアクションと簡単な感想を

ではどうすればいいかといえば、相づちにはリアクションや簡単な感想を交えるように心がけましょう。

例えば同じ「へー」でも、無表情で言わずに、目を見開いた驚きの表情で上体を起こしながら「へー!」と強く言えれば、それは明らかに聞いている風です。相づち・内容に合ったリアクションをオーバー気味に取るようにしましょう。

また「そうなんだー」の一言で終わらすのではなく、「そうなんだー。君がそんな趣味なんて思わなかったよ」とちょっとした感想を交えましょう。その感想の後は、相手が肯定するにしろ否定するにしろ会話のキャッチボールがスムーズにいきます。

もう一つ大切なのが「目線」

さらに聞いている風を強調するには、相手の目をちゃんと見るようにしましょう。もちろん凝視は怖い(敵意に感じる)ので、ちょこちょこでいいです。

人間は目線を感じ、その目線と付随する表情から相手の心情を具体的につかみます。それは真剣さであったり、可笑しさであったり、疑いであったりでしょう。ある意味、目と表情だけでコミュニケーションが成り立ちます。

この目線でのコミュニケーションは、先に示した相づちと同じ効果をもたらすのです。

「相づち」と「目線」で聞き上手になろう!

どうでしょう?聞き上手だと言われたことのないあなたはそんなうまい相づちをうったり、積極的な目線を送ったり、していましたか?

聞き上手と呼ばれる人たちはそれらを自然とこなしているだけです。知識が豊富でウィットに富んだ会話ができる、なんてことは求められていません。次回、チャンスがあれば早速試してみましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加