> 趣味・ライフスタイル > 幸せな人は「機会」を意識し、不幸な人は「問題」を意識する

幸せな人は「機会」を意識し、不幸な人は「問題」を意識する

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.27

幸せな人と不幸な人は何が違うのでしょうか?大人になるにつれ、お金があれば色々なものを買えてもっと幸せになると考えがちですが、沢山物を持っている人が必ずしも全員幸せになっているように思えるでしょうか?

逆にいえば、お金を稼ぐ能力や仕事をする体力もない小さな子供が、幸せを感じずに毎日不幸せを感じて「早く大人になりたい」と言っている子供を見たことがあるでしょうか?

子供のころはとても幸せで充実していたのに、大人になって不幸になったという人も少ないないでしょう。逆に、子供のころは不幸だったけど大人になって幸せになったという人も少なくありません。どうすれば自分で好きなほうを選べるのでしょうか?

小さな問題でも、1日を台無しにするパワーがある

幸せな人を見ると、毎日問題に集中して、問題解決ばかりしているように見えるでしょうか?仕事をバリバリやって問題解決することが楽しいという人もいますが、その中には周りから良く見られたいという動機でやっている人もいるので、問題解決が幸せな人かどうかは良く見てみないと分かりません。

逆に不幸そうな人を見ると、常に問題ばかり意識していることが分かると思います。その人と話すと、いつも自分の問題のことばかり考えていて、それでいて解決することではなくどうすればいいか分からないといったことばかり話します。

ここまでの人は、問題が嫌いなのではなく問題から離れられない状態といえます。問題から離れないでいることで、新しいことをやらなくていいから問題にしがみついているという、一見変な状態に見えるかもしれませんが、そうしたことを可能にするほど人間の脳は柔軟性を持っています。

そうした人は問題にしがみついていることが実は幸せなので、そのままでも良いかもしれませんが、それよりも問題が本当に嫌なのに問題に意識がいってしまう人でしょう。

問題というのは、ほんのちょっと小さなことでも、その日1日に感じられる楽しい気持ちやワクワクする気持ちを吸い取ってしまうパワーを持っています。

明日の仕事が気になってパーティーに楽しめないといったことを経験したことはありませんか?それは、大きな問題に限らず小さな問題でも頭のどこかに残っている限り、なんか居心地が悪い感じがします。なので、どんな小さなことでも先に終わらせておくと、楽しいことをより楽しいと感じやすくなります。

小さな機会でも、一瞬で気持ちを変えてくれるパワーがある

問題に意識が行き過ぎて、それも自分じゃ解決しにくい問題であればあるほど、やる気がなくなってやりたくなくなって、目を背けたくなるかもしれません。そうした問題にいますぐ取り組んでも、解決できるものじゃありませんし、それがある限り嫌な気持ちは続くでしょう。

ですが、そこで機会という素晴らしいギフトがあります。機会とは、チャンスに似ていて、豊かさにも似ています。問題と機会は裏表のようなもので、どちらに意識を向けるかで、幸せ度合いが全然変わってくるでしょう。

もし、問題に押しつぶされそうになったら、機会に目を向けてみてください。それがたとえ小さな機会であっても、大きなパワーを持っています。

たとえば、借金をしていて来月返せなくて焦って困って泣きそうになっていたとしたら、自分のやりたいことで自分の好きなお金を稼いで、借金を軽く返済して、自分の好きなところに住んでいる姿を想像してみてください。

そんなことしている暇はないと思っても、問題に意識が向いている限り、問題はやってきます。なぜなら、人間は意識していることを引き寄せる性質を持っているからです。おっちょこちょいのウエイターなどを見ると、誰もがつまずかないようなところでつまずくことがあるのは、すでに問題に意識が向いているからです。

「こぼさないようにしよう」と「しっかりきれいに持っていこう」では、意識しているところが違います。たったそれだけのことも、問題か機会どちらに集中するのかで、違った行動になります。

それがどんなに大きな問題だとしても、小さな機会に意識を向けるだけで幸せな気持ちを感じることが出来ます。なぜなら、問題も機会も人間が脳の中で作りだしたものにすぎないので、大きい小さいはその人の頭の中での認識でしかないからです。

実物として大きいものではないので、脳の中で小さな機会に集中していれば、大きいと思っていた幻想も、より小さなものに変えることが出来ます。

幸せな人は、自分の脳や感情の仕組みを学んでいる人が多いです。なぜなら、お金を持つだけでは幸せになれないということを知っているからです。逆にお金がなくても幸せでいられるのも、自分の気持ちや考え方を意識的に変えることが出来るからでしょう。

どんなに大きな問題に直面しても、そこにある綺麗で小さな花に意識を持っていくことが出来る。そういったバランス感覚が、自分の幸せ度合いを決めるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加