> 趣味・ライフスタイル > 喜怒哀楽を上手く表現出来ない人が上手に表現するためのコツ

喜怒哀楽を上手く表現出来ない人が上手に表現するためのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.12

表現力を身につけよう

元々表現することが得意では無いという人でも、相手あってのことですから出来るだけ相手に伝わるようにすることが重要です。相手がどうすることにより喜んでくれるのか、腹立たしい思いをするのかというようなことを考えられるようにしましょう。

そうするためにはどのようにして表現をすれば良いのかということを考えた時、表現力というものが必要になります。相手に対して出来るだけそれが出来るようにすることが必要なのです。相手によってはそんなに気にしていないこともあるかもしれませんが、こちらはとても気にしてしまっていることもあるでしょう。

その理由としては自分の表現において自信が無いからです。これでいいというように思えていればそのようなことにはならないのです。自分の出来る限りの表現方法というものについて考えてみることが重要です。

表現することを恥ずかしいと思わないようにしよう

恥ずかしいと思って、喜びの表現が出来ない人もいます。例えば誰かから何かプレゼントをしてもらった時でも、何も言えないというようなこともあるかもしれません。でも相手から見ると、何か反応が欲しいと思うはずです。

これをあげて喜んでくれているのだろうか、というふうに相手は考えてしまうでしょう。そのように相手に思わせないようにするためには、こちらが喜びを表現する必要があるのです。そうしなければ伝わらないことも多いです。ただ一言でもいいので、感謝の気持ちか喜びの言葉を伝えるようにすることが、人間関係を良くするコツでもあります。

日記を書いてみるという方法もあります

人に対しては表現が苦手だけれど、日記に書く時には素直になれるという場合もあるでしょう。一つの訓練のようなものです。でも訓練と思うと重い気持ちになってしまうかもしれませんので、そのように思わずに軽い気持ちで今日あったことを書いてみましょう。

そしてその時に出来るだけ感情面について書くようにしましょう。こういうことがあって、こう感じたというようにして自分の感情を書くということが大切なことなのです。それによって相手に対しても感情を表現することが出来るようになります。

喜怒哀楽を表現する能力をつけることが出来るのです。喜怒哀楽を表現というととても固いイメージがありますが、本当は自然な自分を見せるだけという簡単なものなのです。それをとても重く考えすぎているということがあるかもしれません。

楽な気持ちで力を抜いてみましょう

このようにしなければ相手からこう思われるというようにして、考えすぎてしまっているということも結構あるのです。相手から見ると全然深く考えていなかったということもあると思いますので、こちらも軽い気持ちでいい時も結構あります。

相手からどう見られるかということよりも、相手を喜ばせること、楽しませることということを重点的に考えるようにすると、楽になるかもしれません。楽になって相手に対して接することが出来るようになることでしょう。

自分のためというよりも相手のためにという気持ちはとても強いパワーになることが多いです。人が喜ぶようなこと、楽しいと感じることをしてあげようと思っているうちに自分も自然と喜んだり楽しんだりすることが出来るようになってくるかもしれません。

そして今まで抑え込んできたような感情があり、それにおいても出すことが出来てくるかもしれません。怒ること哀しむことを出来るだけ我慢してきたという人もいるでしょう。でも時にはそれを表現しなければ、心の中での自分が辛い思いをしていることもあるのです。

そのようにならないように自分の心の声に耳を傾けて、素直になるようにしてみましょう。力を抜けば、もっと簡単に喜怒哀楽が表現出来るようになるはずです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加