> 趣味・ライフスタイル > マイナスな話を建設的に話す事で、明るく生きる生き方

マイナスな話を建設的に話す事で、明るく生きる生き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.11

ネガティブな話をする時は、細心の注意を払いした方が良いです。暗い話というのは、周囲の人間まで暗くしてしまうデメリットがあるため、巻き込みのリスクが存在します。

そして、多くの人は、暗い話は聞きたくないため、それを拒絶したり否定したりするので、わたしは基本的にはそうゆう話はまったくしないようにしています。

女性がいると特に気を使って、絶対に言いません。女性は、難しく考えるのを嫌う生き物なので、そうゆう話をされると、頭が混乱してしまうようです。

ただ、男友達と飲んでいる時などは、自然とそうゆう流れになる事がありますので、そんな時は、話します。ただ、建設的な方向に向かうように話を持って行きます。

こんな事があったけど、今のわたしはそれをこういう風に乗り越えたいと思っている。そんな感じですかね。

そうする事で、双方に希望の光が射すからです。今日はマイナスな話を建設的に話す事で、明るく生きる生き方についてお話ししようと思います。

どうぞ最後までおつきあいいただき、光に満ちた人生を取り戻してください。それでははじめようと思います。

マイナスをプラスに変換するように話を持って行く

ネガティブな話が嫌われるのは、まず、ネガティブな人というのはやはり頭が悪いです。うつ病などの病気である人達をのぞいては、思考に支配されている人というのは、結果として成功出来ませんし、なにひとつ人生を開拓する事が出来ません。

なぜなら、マイナス思考というのは、文字通り、自分から何かを奪って行くだけの引いて行くだけなので、減る事はあっても、増える事はありません。なので、永久に後退していくだけなのです。ポジティブな人に人が集まるのには理由があります。

人は誰しも、自分に利益があるものを求めます。人を動かすのは「利益」です。なので、ポジティブな人の周りには人が集まります。自分もその波に乗っかり、プラス思考に変換したいからでしょう。成功者にむらがる一般人も同じ理屈です。

その人からパワーをもらい、吸収して自分の力にかえてやろうというのが目的なわけです。なので、マイナスな過去の話をするのは問題はないのですが、最終的には、プラスの方向に考えれるようになったときに、話すようにしたほうが良いです。

自分がどん底の状態にある時に、マイナスな話をしてしまうと、相手も巻き込んでしまい、共倒れになってしまいます。

どれだけ手を差し伸べても、自分が上に上がる気がなければ、どれだけ頑張っても無駄です。なので、話をする時は、絶対に、落ちがプラスに持って行けるように話をしましょう。

最終的には、やはり闇は光には勝てない

わたしは、アメリカを旅行中にマンモスケイブと呼ばれる、世界一大きい洞窟にいったことがあります。そこは、まったく地上の光が射さず、完全な漆黒状態なのですが、そこにガイドがライターで火をつけると、途端に周囲が明るくなり、ぱっと光が射します。

その逆はないでしょう。分かりますか?光が闇をぬぐい去る事はあっても、闇が光を覆い尽くす事はないのです。

どれだけ漆黒の闇でも、必ずいつかは光が射しますし、すぐに射して欲しいのであれば、自分で光を作り出せば良いのです。自分がライトになる。それで、あなたの真っ暗な闇を照らす事は可能なのです。

わたしは、過去にうつ病の患者さん達とお話した事があるのですが、うつ病というのは脳の病気なので、暗いとか明るいという話ではなく、その状態から抜け出す事が出来ないわけです。つまり、光の射さない洞窟の真ん中にいるようなものです。

そして、毎日毎日、ネガティブな思考がぐるぐるとまわっているため、いつまでたても抜け出す事が出来ず、苦しみ続けるわけです。彼等がなにを苦しんでいるのかは、彼等にしかわかりません。

ただ、生きるのがとても苦しく、耐えられないほどの苦しみなんだそうです。だから死んでしまう。

しかしながら、うつが酷い時は動く事すら出来ないため、死ぬ事はありません。一番ひどいのは、欝の状態が緩和され楽になってきた状態の時です。

その時は、動く元気もあり、徐々に食欲なども出て来たりしていますから、死ぬ体力はあるわけです。つまり、根本的に闇から抜け出せてはいないわけですね。

闇の中にいると、闇に飲み込まれてしまう。それを薬や、カウンセリング、時間などで徐々に緩和していき、体力を養うわけですが、よくなってきた時に死んでしまうというのも、悲しいものですよね。

しかし、自殺する人よりも治して社会復帰する人の方が多いですし、やはり光の方が闇よりも強いと言えると思います。

どれだけ苦しいときでも常に光を意識する事で、光はいつか必ず射します。なので、最後まで諦めずにただ生きてさえいれば良いです。いつかきっと光はさしますから。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加