> 趣味・ライフスタイル > 青白い顔は印象最悪!健康的な顔色を手に入れる4つの習慣

青白い顔は印象最悪!健康的な顔色を手に入れる4つの習慣

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.30

青白い顔色は多くの対人面で損をする!?

色白と青白い顔色は別物です。青白い顔色をしていると、社会や多くの対人面で損をしても得をする事はないのではないでしょうか?単純に病弱そうに見えてしまいますし、青白く痩せこけている事で顔つきもキツく、印象を悪くしてしまいます。

ふくよかな人と比べて対人面や営業面などでは大きくマイナスの印象を与えてしまう事となり、損をする事が多いです。では、なぜ青白い顔色になってしまうのでしょうか?この対人面で多くの損をする顔色を改善していく事が出来るように、4つほど問題点と改善方法をあげていこうと思います。

現代人に多い隠れ低血圧と予防

現代人に非常に多くいるのが隠れ低血圧という症状で、顔が青白い人の殆どが、この隠れ低血圧の症状を抱えていると言っても過言ではありません。隠れ低血圧とは、はっきりとした低血圧の症状は出ていないものの一時的に低血圧の症状を見せたり、低血圧の人と同様の症状が出るものをいいます。

血圧計で数値を測定しても特に低血圧の数値は出ていないものの、立ちくらみやめまいを頻繁に起こす人や、常に身体がダルくて重いなどの症状を抱えている人は、この隠れ低血圧の可能性があります。また、日中の起きていなければいけない時間に眠気が取れないという人も同様の可能性があります。

隠れ低血圧の症状の多くは現代人の習慣から来るもので、自律神経の乱れなどが大きく関連しています。

自律神経とは – 自律神経を整える習慣

では、自律神経とはどのようなものなのでしょうか?自律神経は、たとえば心臓や肺、胃や腸などのように、私たちの無意識下で活動している器官の事をいいます。私たちは意識を持って行動が出来ますが、その一方でこうした自律神経という、もう一つの潜在的な命令系統によって生命が維持されているのです。

自律神経は、なにもこうした心臓や食べ物の消化を促すなどの作業だけでなく、私たちの意識や健康とも密接に関わっています。自律神経を整えるには、やはり規則正しい生活習慣が一番です。規則的にしっかりとした睡眠や栄養バランスの摂れた食事を心掛けたり、適度にストレスを発散する、適度な運動を心掛けるなどで自律神経は正常に機能してくれます。

また、体内時計はまさに自律神経そのものですから、昼夜逆転や不規則な生活などによって体内時計が狂いやすい人は、同時に自律神経をも狂わせやすいという事です。

交感神経と副交感神経 – 温冷効果

自律神経系のなかに、交感神経と副交感神経というものがあります。これらはお互いが連携して心身の健康や活動を支えているものになります。たとえば、日中の活発な活動時や外で多くのものに刺激を受けている時というのは、交感神経が活発に働いています。脳を活性化して記憶力や集中力などを高めてくれたり、血圧をあげる作用があります。

逆に、家でホッと一息ついた時や入浴時、睡眠時などは副交感神経の働きが活発になって、身体を落ち着かせ、リラックスさせてくれます。

これらの神経系統が正常に連携されていればいいのですが、自律神経の乱れやストレス、不規則な生活などによって連携がうまく取れなくなる事でバランスが崩れ、日中の活動時に副交感神経が活発になって眠くなったり、逆に夜中に交感神経の働きで眠れなくなってしまったりと、いい事がありません。

交感神経や副交感神経なども自律神経系の一つですので、もちろん規則正しい生活が大切になりますが、温冷効果というのも意外と効果があります。

お風呂に入る際などに、熱いお湯と冷たい水を交互に浴びるというものです。冷水を浴びると交感神経が刺激されて血管が収縮し、血圧が上がります。お湯に浸かると血流が良くなって血圧が下がり、副交感神経が刺激されるというわけです。

太陽の光を浴びて健康的に

このように、自律神経の乱れによって交感神経や副交感神経がうまく働かなくなる事によって、血圧や血流の調節もうまくいかなくなってしまうのが隠れ低血圧の主な要因であり、顔面蒼白の原因でもあるわけです。

規則正しい生活習慣はもちろんの事、太陽の光をしっかりと浴びましょう。よく、顔が白いのは日焼けが足りないからだとして無理矢理日焼けをして黒くしようとする方がいますが、肌の色と顔面蒼白は関係ありません。色黒の人でも体調が悪いと顔色が悪くなります。太陽の光を浴びるのはそうした理由ではなく、太陽の光によって自律神経が正常に機能するからです。

特に朝の陽の光が自律神経を整えるのに効果的で、血流も血圧も正常に保たれ、顔色が良くなるだけではなくストレスにも強い活発な心身を手に入れる事が出来ます。

自律神経が太陽の光によって整うと、日中はストレスに負けずに活発に働く事が出来ますし、夜は自然と眠気が来て眠りにつく事が出来るようになります。こうした習慣によって身体や自律神経がしっかりと機能する事で、顔面蒼白に悩む事もなくなると思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加