> 趣味・ライフスタイル > 肉は身体に悪い!?これからの大人の健康的な食生活を考える!

肉は身体に悪い!?これからの大人の健康的な食生活を考える!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.13

2014y03m12d_121848710

毎日の生活で必ず摂る食事ですが、栄養のバランスや健康のことを考えていますか?ついつい自分の食べたい物に偏ってしまいがちですが、大人になってからの心身にはより規則的な食事バランスが必要です。肉は体に悪いというのは本当なのでしょうか?健康的な食事について考えます。

毎日の食事に大切な必須栄養素を考える

私たちの身体には必要な栄養素がたくさんあります。そして、中には体内で作り出すことのできるものもありますが、多くの場合は食事から摂取して栄養素を摂り入れなくてはいけません。

毎日の食事に必ず必要な栄養素のことを「必須栄養素」といい、それらの多くが体内で作り出すことができない栄養素か、もしくは作り出すことが難しい栄養素と言われています。

必須栄養素は全てで46種類あり、その中でも大きく3種類のカテゴリにわけることができます。必須栄養素は、ビタミン系とミネラル系、アミノ酸系の3種類に分類することができます。これらの栄養素をバランス良く毎日の食事でとっていくことが大切なのです。

近年の食生活はどうしても自炊が大変で、そのかわりにコンビニの調理済みの食材やファーストフードなど、便利に素早く食べることができる食事が中心になりがちです。特に時間に追われる社会人や単身者などでは、よりこうした食生活が進んでしまっており、自分の好みの食べ物をついつい選んでしまいがちなことから、栄養の偏りが問題となっています。

必須ビタミン・必須ミネラル・必須アミノ酸

必須栄養素の中でもたとえば、ビタミン類は言わずとも知れた栄養素で、身体の働きを高めたり、助けたりするのに必要な栄養素です。ビタミンCをはじめ、ビタミンB群やビオチンと呼ばれる美容ビタミンも必須栄養素に含まれています。

必須ビタミンは、野菜や果物から豊富に摂ることができます。つづいて必須ミネラルは鉄分や亜鉛、マンガンなどの鉱物が中心となっており、骨格の形成に必要であったり、身体の機能や粘膜の形成を助けます。

そして、必須アミノ酸は筋肉の形成を助けたり、肉体の回復を補助します。それだけではなく脳内伝達物質の働きを助ける効果もあり、人間にとってとても大切な栄養素となっています。

これらの必須栄養素をひとつの食材から摂るのは難しいですし、水溶性のビタミンなどでは調理や加熱の過程で失われてしまいますから、全ての栄養素をバランス良く摂ることはとても難しいことなのです。

炭水化物って必須栄養素じゃないの!?

私たちが主食として食べている食物に、米やパンなどの炭水化物があります。ところがどうでしょうか?炭水化物は必須栄養素には含まれていません。これはつまり炭水化物は必要のないものということなのでしょうか?

そうではありません。炭水化物は私たちの身体に必要なエネルギーを最も効率よく作り出すことができて、しかも保存も容易なことから、長い間人類の主食となっています。国によってパンが主食の国と米が主食の国とがありますが、いずれにせよ炭水化物をメインに摂っていることには変わりありません。

しかし、私たち人間の身体は、その気になれば体脂肪を燃焼させてエネルギーに変える事ができます。炭水化物の摂り過ぎは太る原因ともなっていますからさほど多く摂る必要はありませんが、一日の活動量に対して最適なエネルギーを得られるように考えて炭水化物は摂っていかなければいけません。

最悪、炭水化物を摂らなくてもしばらくの間は生きていけますし、パンや米などの穀物でなくとも炭水化物は含まれていますので、必須栄養素として毎日必ず摂る必要はないというだけのことです。

肉は摂らない方がいいの!?

大人の健康的な食生活において肉は毛嫌いされる傾向にありますが、肉は摂らない方がいいというものではありません。しかし、あまり多く摂るとかえって身体に害になってしまう場合もあるのです。

肉は、私たちの健康に必要なミネラルやアミノ酸を豊富に含んでいますが、その反面非常にカロリーが高いというのも事実です。肉は食べごたえがありますし、美味しいからといってあまり多く摂ってしまうと、高カロリー高血糖値になってしまいます。

また、肉から摂ることのできる多くの栄養素は、もっと健康的な別の食品からも摂ることができるため、実際の話をすると肉をとらなくても健康的な生活を送っていくことができます。とはいえ、肉をまったく摂ってはいけないというわけでもありませんから、適量でバランスを考えてとっていくと良いのではないかと思います。

大人になると肉以外の食事でも十分に必須栄養素が補えますが、一方で成長期の子供の身体には肉体や骨格の形成に肉はとても大切な食物になりますから、しっかりと摂っていく必要があります。

これからはより魚介類と野菜を中心に!

これらの点を踏まえて、より大人になってからの健康的な食事を考えるのであれば、高カロリー、高タンパクな食事は避け、魚介類と野菜中心の生活に切り替えていく必要があります。

決してそれだけを摂っていればいいというわけではありませんが、今まで肉類が中心の食事になっていた人であれば、より魚介類や野菜を多く摂ることを意識して食生活をしていかなければいけません。野菜や果物からは多くのビタミン類が摂れますし、魚介類からはミネラルやアミノ酸が豊富に摂れます。

また、近年の多忙な社会生活の中でより健康的な食事をしていこうと考えた時に、便利に利用できる現代的な栄養摂取としてサプリメントがあります。サプリメントは、必要な栄養素がカプセルに凝縮された健康補助食品で、食事と一緒に錠剤で摂取することで、不足しがちな必須栄養素をどのような食事でも素早く効率的に摂取することができます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加