> 趣味・ライフスタイル > 気だるくてやる気が出ない時のいい気分転換とは?

気だるくてやる気が出ない時のいい気分転換とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.16

やる気が出ずに体が重い時の解決法ってないの?

特にコレといった理由がないにも関わらず、なんとなくやる気が出ないという時がありませんか?気が乗らず、気だるさがつき纏って何をするのも億劫に感じるという事は、多かれ少なかれ誰にもあるかと思います。

とりあえず、行きたくなくても会社に行って仕事をしている内に、そんな気分も吹き飛んで忘れてしまうという時もありますが、これってもっとバシッとした、いい気分転換の方法って無いのか考えた事はありませんか?

まず、この気だるさが襲ってきやすいのが寝起きの朝に多いという人もいるでしょう。私も午前中、特に朝が苦手なほうだったので、いろいろな方法を考えていました。

熱いブラックコーヒーを飲むといいよと、人に勧められた事もあり試してみたんですが、まず気だるい時はお湯を沸かすのも面倒で私には向いていませんでした。しかし、コーヒーにはカフェインも入っており、ブラックの苦味の効果もあるので、ちゃんとお湯を湧かせられるという人にはいいかもしれません。

シャワーを浴びるという事も挑戦してみましたが、やはりシャワーを浴びずにボ~としてしまい、そのまま時間だけが過ぎてから慌てて出社するという情けない日々を過ごした事もありました。しかし、朝のシャワーで気持ちもスッキリするという人もいたので、人によっては有効な方法かもしれません。

自己流スッキリする方法をご紹介

とにかくやる気が出なくて体が重いという時には、その状態の時に手間が掛かる事はやりたくないという気持ちのほうが強い場合が多いので、簡単ですぐに実行できる方法か、前もって準備ができて実行できる方法がいいと思います。そんな方法があるのか?と思う人もいるかもしれませんが、上記の点を念頭に置いて私はある方法を結構前に思いついて実行しています。

同じような事をしている人もいるかもしれませんが、私の場合は常にレモンを買い置きして夜に5、6枚スライスしておきます。そのスライスしたレモンを小皿に乗せて、ラップをかけてから寝床の横に置いておくようにします。

もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、朝にこれはただの眠いだけではなく妙に気だるい時だと判断したら、そのまま口にレモンを放り込むようにしています。じゃあ、普通に起きられる朝だとしたらレモンはどうするのかというと、お陰で毎朝レモンティーかレモネードを飲むようになりました。

この方法のいいところは、慣れてくると起きたらレモンを思い出し体がブルッとして寝起きがよくなるという点と、会社でもなんとなく気だるくてやる気が出ない時などに会社の冷蔵庫に入れておいたレモンのスライスをかじると、強制的にスッキリさせられてしまうという事です。

あと、ビタミンCも摂取できるという点も大きいかと思います。レモンの替わりに市販のビタミンCの錠剤も試してみたんですが、少しでも飲みやすくしているせいか甘みもあって、生レモンほどのインパクトが私にはありませんでした。

ちなみに友人にこの話をしたところ、友人は梅干しで既に実践していました。梅干しも体にいいですが、自分はなぜかレモンのほうが合っているみたいです。

精神的な病気ではなく、気だるくてやる気が出ない電池切れのような時には結構いけますが、心臓が弱い人にはあのブルッと感は危ないかもしれませんのでお勧めはできませんが。

最後にコツとしては、酸っぱさでブルッときた時にそのブルッと感を利用して、よしっ!と気合を入れたほうが上手くいきやすいですよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加