> 趣味・ライフスタイル > どれだけ天才な人もお金が生み出せない「ある環境」とは?

どれだけ天才な人もお金が生み出せない「ある環境」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.20

どんな分野にも天才、一流な人はいるもので、お金に関しても一流な人はいます。沢山お金を稼げるビジネスマン、増やせる投資家、守れる資産家やマネジメントが優れている人など色々います。ですが、どんな天才でもお金を生み出すことが出来ない環境があります。

お金を生み出せない環境とは?

そんなお金の天才なのにお金を生み出せないわけがないと思う人もいるかもしれませんし、その答えを知ったら「なんだ」と思う人もいるかもしれません。

ですが、ここで見ておきたいのは大切なことが見えていなくてとんちんかんな方向に進む可能性があるということです。お金の天才でもお金を生み出せない環境、それは人との繋がりがないところではないでしょうか。

お金は人と人の間でやり取りされる価値の情報のやり取りなので、人がいないところでたとえお金が稼げたとしても使い道がありません。

これだけ自分たちの生活に当たり前の存在になっているお金も人が生み出した概念で、それも便利なだけに複雑な仕組みの中では知識がないと周りに振り回されることがあります。

それがビジネスや投資、仕事の失敗にもなり、自分では大丈夫だろうと思っていることでも、より別の角度から見れば全く違うことになって、例えば預けたお金の価値が減ったり増えたり、自分が分からないままお金に振り回されることもあるかもしれません。

お金という面から見れば、お金を増やすためにビジネスに関する知識、人間心理、自己啓発などを学ぶことは大切ですが、そもそもお金を生み出せる環境がないとそれらは活かすことが出来ないかもしれません。

それを別のことから見ればどんなことがあるでしょう。例えば、良い恋愛がしたいと思ってもいつも途中で別れてしまう人は、良い人を探すよりもまず、自分の中にある途中で別れてしまうパターンを認識することが大切です。

どういう気持ちがその行動を起こすのかを見てみないと、いくらどんな人と付き合ってもそのパターンは変わりません。もし別れなかったとしても、そのような気持ちが出てくるパターンかもしれません。

レバレッジの高いことに時間をかける

健康でいえばどうでしょう、健康になるために毎日サプリメントをとっても中々健康にならないという人は、お菓子などのカロリーの高い食べ物を毎日沢山食べているかもしれません。

サプリメントを取らないよりもマシかもしれませんが、他に健康を害する生活をしていれば、バランスが悪くなることは分かります。

人間関係で見てもこうした角度から見ることができ、自分の付き合いたくない人と付き合うのも大切ですが、付き合い方がいつまでも発展しないものは自分の心のバランスを余計に崩すことがあります。

自分にとって嫌な人、イライラする人、怖い人などは自分にとって幅を広げてくれる、見方によっては重要な存在なのですが、そういった見方がないとただ嫌な人、ただ怖い人ということで自分の中でトラウマが出来たり、自分を抑圧して無理やり付き合わないといけないかもしれません。

その場合、心理学などを学んでからそうした人と付き合う、もしくは自分の理想の人生にとって大切な人と付き合うのかそうじゃないのかといった視点から見ることも出来ます。

ビジネス用語にレバレッジという言葉があり、より小さな力でより大きなものを動かすてこの原理のようなもので、これは人生にも当てはめることが出来るのではないでしょうか。

それをやることで沢山の小さな問題がまとめて解決することをやるのか、それとも小さな問題を1つずつ、それもずっと増え続けることに共通点も見出さないまま取り組むのかでは結果が変わってくるでしょう。

お金持ちの発想とは?

お金持ちの発想はお金だけじゃなく色々なところで使えるようです。

今見てきたレバレッジの考え方もそうですし、お金を生むということは人と人との関係の中で生まれるもので、色々なマーケティングやセールスのテクニックがあっても、それらの目的となるどれだけ価値を与えたかという考えも、人間関係や健康、恋愛などにも当てはめることが出来るでしょう。

自分が健康になるためにどんなことをしたか、人と良い関係を作るためにどんなことをしたか、それはどんな価値を与えたかということもいえるかもしれません。

もちろんお金持ちだけの発想じゃなく、例えば子供の発想も自分にとって気付きのヒントになることもあり、概念や制限が少ない子供ほど大人が思ってもみないことを見せたりして、制限がない人を見て気付きを得ることも出来るかもしれません。

自分にとって何が本当に大事か、それを大事にしていけば自分が大事にしている結果を出すことが出来るのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加