> 趣味・ライフスタイル > 3分で実行できる!顔と体の手入れ方法を再チェック

3分で実行できる!顔と体の手入れ方法を再チェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.03.26

顔と体の手入れはしっかりできていますか?人と会う機会の多いビジネスパーソンにとっては顔や体のお手入れは基本中の基本かもしれませんが、意外とケアを見落としている所もあったりします。ここでは顔と体の基本的なメンテナンス方法について紹介していきます。

シェーバーでの正しいヒゲのそり方

間違ったヒゲのそり方をしていると、そり残しや肌荒れを招きやすくなるので注意しましょう。シェーバーでヒゲをそるときには、①手で肌を軽くひっぱり、ヒゲの流れとは逆方向にそり上げましょう。

②シェーバーを止めないで、ゆっくり動かし続けましょう。この時に力をかけてすりこむような押し当て方をしないでください。力を入れてシェービングをすると肌荒れの原因につながります。

③ヒゲそり後はローションを使って肌荒れを予防しましょう

カミソリでの正しいヒゲのそり方

①洗顔でしっかりお肌に水分を浸透させてからシェービングフォームをつけて、もみあげからそりましょう。

②鼻の下は上から下へそりましょう。ほとんどの人はヒゲが下向きに生えているため刃の流れがスムーズになるので、上から下へそる方がよいでしょう。

③あごの部分はゆっくりと上から下へそりましょう④そり終わったらローションで肌荒れを予防しましょう

ヒゲそりのワンポイント

ヒゲをそる前には温水で顔を蒸らしたり、蒸しタオルを顔にのせるとヒゲが柔らかくなるのでおすすめです。カミソリ負けしやすい人は、一度しっかり蒸らしてみるのもおすすめです。そしてそったあとは冷たい水で洗って毛穴を引き締めましょう。

人に悪い印象を与える肌と臭い

あるアンケートによると、悪い印象として「口臭」「無精ヒゲなどが目立つ汚い肌」「汗臭い人」「足が臭う人」などが上位にきました。

口臭は日頃のブラッシングに加えてガムなどを利用して防止しましょう。タバコやコーヒーは口臭の原因になるので、人と会う前には取るのをやめましょう。また、ミント系のタブレットよりもガムなどで唾液をしっかりと出す方が口臭予防の効果は高いようです。

無精ヒゲが目立つ汚い肌の場合は、上記のヒゲのそり方を参考にしてください。汗くさい人はデオドラントを利用するのが基本的な方法といえるでしょう。香水で臭いをごまかそうとすると体臭とまじってしまい余計に臭いがきつくなるので止めましょう。

また、肉ばかり食べていると体が酸性に偏って体臭がきつくなるので、デオドラントと並行して食生活を改めるのも有効です。足が臭う人は靴自体に防臭剤を用意してください。靴下もポリエステル製品だと通気性が悪い上に汗を吸収せず臭いがきつくなりますので、綿の靴下を利用しましょう。

無精ヒゲや体臭は相手にプラスのイメージを一つもあたえません。しっかりとケアして自信をもって人と会える様にしていきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加