> 趣味・ライフスタイル > 完璧主義を手放し心の自由を手に入れる方法

完璧主義を手放し心の自由を手に入れる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.27

日本人の特にA型には完璧主義と呼ばれる人が非常に多いとされています。血液型で決めつけるのはちょっと腑に落ちないのですが、日本のA型比率は3割弱いると言われていますので、3人にひとりは完璧主義だという観点で分析するなら、当然と言えば当然の結果と言えるかもしれません。

わたしはA型ですが、完璧主義を求める部分とそうでない部分があります。正確にはありました。そして、完璧にとらわれるあまり、自分の本来の目的を見失い、とても苦しんだ時期もありました。しかし今は完璧を手放した事で、心を完璧主義という束縛から手放す事ができ、心の自由を手に入れる事が出来ました。

なので今回はわたくしがこの方法をお伝えし、この完璧主義というある種強迫観念にも似た束縛から心を解放してもらい、本当の自由を手に入れてもらおうと思います。それでは最後までおつきあいいただき、自分自身を解き放ってください。それでははじめようと思います。

1:完璧=幻想だという事に気づく

わたしは完璧主義というのは一種の神経症の類いだと思っています。これをやり遂げないと気が済まない、こうでないと自分の精神状態が不安定になる、これはこうあるべきなのが本来のあるべき形なんだ・・・といったさまざまな決めつけと過剰な自己満足を追求して行った結果が完璧主義だという事に早く気づいてください。

そして、この地球上に完璧などいうものは絶対に存在しないという事に気づくべきです。よくある事なんですが、自分がすごく良いと思って相手にすすめた事が、相手は結構どうでも良い風に解釈したり、馬鹿にされたりして、自分の気持ちや熱が伝わらない事って結構ないですか?

これはつまり、自分の中ですごく良い=完璧だと思っている何かは、相手にとって完璧ではないという事なんですね。つまりあなただけの完璧なんです。

それもそのはずで、人間というのは異なった環境で生まれ育ち、さまざまな人間やその他の媒体から影響を受けて人格が形成されているので、意識的にあわせようとせずに一致する方が珍しいんですね。だから断られて拒否されて当然なんです。

これと同じ事なんですが、自分にとって完璧だと思っていても、それを周囲の人から認められなかったり、価値のないもののように扱われたりすると、自分が否定された気になってしまい、じゃあ完璧じゃないならもう要らないというふうに投げ出してしまい、あなた自身の本来その事に対して持っていた熱や情熱も捨ててしまうわけです。

完璧主義というのは諸刃の剣で、とても不安定な心理状態を生み出します。白か黒かといったはっきりと結論を出したがる人に多いように見受けますが、まずは完璧など存在しないという事に気づくべきでしょう。

わたしたちは所詮はただの人間であり、大脳が発達しただけの動物に過ぎないんです。わたしたちは創造主ゼウスでも、万能の神でもありません。完璧なものなど生み出しようがありません。

2:こだわりと完璧主義も紙一重

これをここまでやり遂げないと気が済まないんだという人がいます。わたしもそういうところはあります。たとえば午前中までに原稿をいくつ仕上げないと、午後の休憩時間はつぶさないといけない・・・みたいなものですね。

これはうまく作用すれば、モチベーションアップや集中力増強に役立ちます。達成後の満足感や充実感にもつながるかもしれません。しかし、こだわりに支配されてしまうようになったら、気をつけないといけません。たとえば、充実感や満足感を求めるあまり、自分の体調を壊してしまっては本末転倒です。

この段階で忘れてはいけないのが、常に「自分の幸せを最優先する」という事なんですね。大義を見失うと軸がぶれてしまい、結果としてうまくいかなくなってしまいますので、これは常時確認しながらこだわるべきです。

確かに、自分にノルマや制約を課すのは悪い事ではありませんが、誰しもが幸せになる事が目標であるはずなので、その幸せを達成出来ないのであれば、そんな制約はさっさと手放してしまいましょう。ただ、自分を苦しめてしまうだけですから。

3:完璧願望を支配する

心の自由を手に入れるにはセルフマネージメント能力は必須であり、2でお伝えしたように、自分を観察しながら最終的な目標に向かって軌道修正していく必要があります。つまり、その完璧主義という強迫観念にも似た神経症を支配する事こそが、心の自由へとつながるわけです。目指すはこの位置であり、ゴールはここにもってくるべきです。

目先のそれをやらなきゃという気持ちに心を奪われてしまってはいけません。常に、これをやったら自分は幸せになるのだろうかという自問自答を繰り返しましょう。そうする事で、いままで見えなかったものもきっと見えてくる事でしょう^^

人生は変えられます。大丈夫です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加