> 趣味・ライフスタイル > タイムマシンで過去の自分に注意できたら恐いもの無しです

タイムマシンで過去の自分に注意できたら恐いもの無しです

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.14

若い時は、理解できなくても年齢を重ねるとわかることがあります。だから、目上の人の言うことは否定せずに参考意見にしておきましょう。そして、その年になって自分がどう思うかタイムマシンがあったら面白いのにと思います。

生命保険のCMの20代~50代の4人の岡田准一を見て

日本生命「みらいのかたち」のCMに20代・30代・40代・50代の4人の「自分」(岡田准一さん)が集まって若い時分に未来を教えないままさりげなくアドバイスするCMご存知ですか?

このCM、私は個人的に大好きです。例えば、このCMの「みらいのカタチ 自問自答 結婚相手」篇より引用

20代「俺、結婚するよねえ?」
40代「そりゃまあ、するだろうねえ」
20代「誰と?」
50代「そりゃあ、知らない方が楽しいだろう」
20代「でも、今の彼女?」
30代「今、誰と付き合ってるんだっけ?」
20代「え?ユリ」
30代・40代・50代「あー、はいはいはい」
20代「え?何?」
50代「いいからお前は、しっかり働け」
20代「えーーーー、教えてよお」

この会話から察するに、20代の「自分」が現在お付き合いしている恋人「ユリ」とは結婚していないのでしょう。でも、この様子だと「自分」は「ユリ」と結婚も視野に入れて付き合っているような感じです。

でも、30代の「自分」が「今、誰と付き合ってるんだっけ?」というからには30代になるたった10年の間に、そこにいる20代の「自分」が当時誰と付き合っているかわからない位たくさんの女性と付き合っていることになります。

「ユリ」と聞いて他の3人が「あー、はいはいはい」と答えるということは、強烈な思い出となった女性、或いは人生を変えた女性なのでしょう。

私が思うに、「ユリ」は20代の「自分」を捨ててもっと条件の良い男性と結婚してしまうのか、結婚には向かないとでも言われて別れることになるのでしょうか。

それから、婚活に励み40代の「自分」頃には結婚しているのでしょう。だから、50代「自分」が「しっかり働け」と注意するのでしょう。

或いは、どんなことがあっても「くじけずに働け!結婚できるから」と励ましているのかもしれません。「私にもこんな会合があったら良いのに・・・」と思いました。

もしタイムマシンがあったら

タイムマシンで過去に行っても、「過去の自分に会ってはいけない」「過去の歴史を変えるようなことをしてはいけない」という決まりがあると言われています。

でも、世の中不思議な事はたくさんあります。夢の中で予知無のようにこの日本生命のCMのような未来からタイムマシンに乗って来た「自分」達が集まって、詳しいことは言わなくてもちょっとした注意点やアドバイスをしてくれたら人生恐いもの無しだと思います。

例えば、私は40代なので、30代、50代、60代の「自分」と女子会ができたら面白いと思います。

30代の私は夫を亡くして人生最悪の中「一生独りで頑張ろう」と人生諦めつつ、女一人頑張って行きぬく術を身につけようと必死だった時代ですから、「人脈を大切にして頑張っていたら周りが助けてくれる」「10年頑張ったら神様がご褒美くれるよ」と言いたいです。

50代、60代の「自分」からは今後の人生のアドバイスを受けたいですね。何より、若い旦那が浮気もせずに夫婦円満でいるかを知りたいですね。60代の「自分」が大阪に馴染んでいてイキイキ楽しく、若く元気でいて欲しいです。

細かい情報は聞けなくても、女性の幸せは顔に出ますから、お顔が若々しかったら幸せだということです。それを見るだけでも自分の様子がわかるというものです。夫婦円満なら60代になってもシワが少ないはずです。

その時ライターのお仕事をしているのか、マイホームを買っているのか、旦那は出世しているのか聞きたいですね。夢の中の「自分」達は今の生活を語らずとも、服装や雰囲気、若々しさからわかるものです。

目下、若い旦那が浮気せずに夫婦幸せに暮らしているのかが心配です。女性は60歳過ぎると一気に老けますからね。

男性は35歳で価値観が変わるとも聞きます。大人の考え方になるのだそうです。私の旦那はまだ33歳です。まだまだ子供の考え方かもしれないので密かに心配しているのです。

「自分」達の女子会で、60代の「自分」の顔が老けていたら、私はライターの仕事をもっと頑張らなければなりません。私はプライドが高いので、浮気夫はこちらから三下り半を叩きつけるのです。

その為には、経済的に独立し、旦那に内緒の貯金をしていなければなりません。幸せな60代自分に会いたいものですね☆

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加