> 趣味・ライフスタイル > 会話が苦手な人必見、話題に詰まった時に使える世間話テクニック

会話が苦手な人必見、話題に詰まった時に使える世間話テクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.16

世間話、苦手にしている方はいませんか? まれにどんな人とでもすぐに仲良くなることの出来る人というのがいますが、殆どの方はまだ良く知らない相手や目上の相手と世間話をするのは苦手に思っています。

初対面の方と不意に一対一の状況になってしまった時、上司と二人でタクシーで移動している時、同僚にふと話しかけられた時、そして取引先の相手と会話する時。

何気ない世間話から思いがけず話が盛り上がり、激励を受けたり契約が上手く進んだりすることもある世の中です。出来れば、世間話のスキルも磨いておきましょう。

会話が苦手、盛り上がるとまではいかないものの、何とか場の雰囲気が和らぐ程度で良いので雑談するスキルが欲しいという方に、幅広いシーンで使うことの出来る世間話のテクニックをご紹介します。

基礎から上級者まで、世間話に必要なテクニック

世間話というのは一見何でもないどうでも良いような内容の会話ではありますが、実は世間話の上手さは対人能力や交渉力の高さに直結しています。

ですので、会話が苦手な方にまず第一に覚えておいて欲しいテクニックは、無理して自分から話そうとしない、ということです。

どういうことかと言いますと、世間話をする時は話題の提供に終始し、相手から直接意見を求められない限りは自分の意見を話さないようにする、ということです。特に自分が余り詳しくない分野の話題を振った後、その話について私見を述べたりするのは避けた方が無難です。

相手の方が詳しければよりディープな返答が返ってきますので、それに対応出来なければ自分の知識のなさが相手にバレてしまいます。また、相手が詳しくない場合はこちらが喋りすぎてしまうこともあり、どの道世間話を続けるのが難しくなってしまうのです。

ですので、世間話をする時は話題を探すこと、話題を振ることに注力し、話すことよりも聞くことに意識を割きましょう。

無難な話題から入る

最もオーソドックスでかつ誰にでもいつでも使うことの出来る話題選びというものに、「誰もが知っていることを話題にする」というテクニックがあります。

日常的にニュースや新聞をチェックしてさえいれば、話題選びに困ることはありません。無難な話題としては、天気や最近の寒暖の話、有名になったニュースやスポーツの話が無難です。

一つ注意しておきたいのが、こうした無難な会話選びの際は相手の対応が芳しく無ければすぐに次の話題を探すようにすることです。

相手も世間話が苦手かもしれませんし、野球の話題を振ってみたけれど相手は野球が好きではなかった、などの状況もあり得るからです。

出来ればこうした無難な話題を振ってみて、相手の食い付きが良ければ更に突っ込んだことを聞いていくのが良いのですが、そこまでしなくても浅く広いニュースの内容だけでも十分に時間は繋げます。

「相手」から話題を見つける

ちょっと難しいテクニックかもしれませんが、特にこだわりのある方、目上の方と世間話をする時に有効な技術です。

当然ですが、どんな相手も全く同じ体格体型、服装を身につけている訳ではありません。そこで、相手が身につけているものや相手の仕草、体の特徴などから話題の取っ掛かりを見つけることが出来るのです。

特に話題にしやすいものとしては、腕時計があります。腕時計は自分なりのこだわりがあって身につけている人が多いので、「とても素敵な腕時計をしていらっしゃいますね。どちらのブランドのお品なんですか?」など、自分に腕時計の深い知識がなくとも話題を作ることが出来るのです。

観察力に自信があり、尚且つ色んな知識のある人ならば、同様にネクタイやスーツ、革靴や鞄、コロンやたばこの香りなどから相手のブランドやこだわりを突いた適切な話題を見つけることが出来ます。

このテクニックの良いところは、自分に何の知識も無くてもいつでも行うことが出来、しかももし自分がその話題に詳しければ大いに世間話が盛り上がる可能性が高いということです。相手も自分が選んで身につけているものを話題にして貰うと切り返しやすいというメリットもあります。

世間話をしないというのもテクニック

親しくもない相手に対して世間話をする、二人きりで会話するというのは、会話下手な人にとって非常に大きなストレスを感じてしまうことです。そういう時は、無理して話題を作って世間話をしないというのもテクニックの一つになります。

むしろ、焦って何とか話題を見つけよう、提供しようという態度は会話に慣れていないとすぐ相手に悟られてしまいます。焦ったりきょろきょろしたり、会話しないといけない、会話するのが嫌だという気持ちを表に出さないようにするだけでも、その場の空気は保てます。

少し話題を振ってみて芳しくなくとも、普段通りの表情や笑顔を見せていれば案外何もせずとも時間は経過します。場合によっては、相手から世間話を振ってくれることもあるのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加