> 趣味・ライフスタイル > 会話を楽しくする為に!相手を笑顔にできる4つの方法

会話を楽しくする為に!相手を笑顔にできる4つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.15

会話をするなら、楽しくしたいものです。楽しい会話の第一歩として、相手を笑顔にすれば、話しも盛り上がったり良い関係を持つことも出来るかもしれません。

相手を笑顔にするには、「冗談を言う」「面白い話しをする」というのが、まず思いつくかもしれませんが、もっと簡単に相手を笑顔にする方法が4つあるので紹介します。

1.まずは自分から笑顔になる

相手を笑顔にするには、まずは自分から笑顔になるようにしましょう。あなたが笑顔で接すれば、相手も自然と頬がゆるんできて楽しく会話をすることができるはずです。

自分から話しをする時に、自慢気な表情をするよりも、笑顔で話すことで場の空気は和らぎ、良い雰囲気を作る事が出来ます。また、相手の話を聞く時も笑顔でいると、相手も話しやすくなりますし、話しの内容が面白かったら歯を見せて笑うようにすれば相手に「この人は明るい人だな」という印象を与えることが出来ます。

2.話題は明るいものを

誰も暗い話題では、笑顔になることはありません。なるべく明るい話題を話すようにしましょう。明るい話題なら、笑いにも持って行きやすいので、相手との距離を縮めたい時などにも有効です。話題が明るいと自然とお互いが笑顔になれるので、効果的です。

3.愛想笑いはしない

笑顔で会話する時でも、愛想笑いは避けた方がいいでしょう。愛想笑いは、相手も感づきやすいものです。その為、相手と話す時は子供と接するようにしましょう。子供は楽しい事には笑顔になり、つまらないことには笑いません。自分に正直になって、愛想笑いをさけ、面白い話題を提供するように心がけましょう。

4.自分を飾らない

どうしても、会話をしていると自分を飾って、より魅力的に見せようとしてしまいがちになりますが、そういった話しは創作の部分が出てきてしまい、どうしても自然に笑顔になりづらかったり、ただの自慢話になってしまうことも多くあります。

なるべく自分は飾らずに“等身大のあなた”として話しをするようにしましょう。等身大であればあるほど、魅力的に見える物です。話しの途中で相手から笑顔が消えてしまったら、あなたはどこか見栄をはったような話しをしているのかもしれません。素直にあなた自身の言葉で話すようにしましょう。

相手を笑顔にして、距離を縮めよう

明るい話題や楽しい話題の時、自然と笑みがこぼれる物です。そういった話しが出来る人というのは、相手との距離をグッと縮めることが出来ます。

相手と笑顔で話すために「まずは自分から笑顔になる」「話題は明るいもの」「愛想笑いはしない」「自分を飾らない」の4つを意識して話すようにしましょう。笑顔で会話ができると、仕事でも上手く進むかもしれませんし、気になる女性に対して好印象を与えることが出来ます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加