> 趣味・ライフスタイル > 汚れやすい男の一人暮らしに!毎日の綺麗で快適な部屋を保つには!?

汚れやすい男の一人暮らしに!毎日の綺麗で快適な部屋を保つには!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.15

2014y03m14d_143207856

男の一人暮らしで、どうしても付きまとう問題の一つとして、部屋の汚れや独特の生活臭があります。やはりどうせなら綺麗で快適な生活を送りたいものですから、しっかりと毎日の習慣や考え方から改善していく必要があります。部屋を綺麗で清潔に保つ方法を考えていきましょう。

部屋は自分だけの空間ではないという意識

男の一人暮らしでは、ついつい部屋が汚れていきやすくなりますが、そもそも他人が多く出入りすることを意識すれば、おのずと部屋は常に綺麗に保たれるのではないかと思います。

友人を頻繁に招待するというのは、部屋を綺麗に保つ上でとても重要なことだと思います。もちろん、あなたの部屋が溜まり場となって飲み会などが多く開催されるようになれば、その分部屋も汚れるでしょう。その都度片付けることで、部屋の効率的な片付けかたを学んでいくことにも繋がります。

なるべくたくさんの友達を呼ぶようにして、できれば異性を部屋に呼ぶようにすれば、部屋を嫌でも綺麗に保とうとするのではないでしょうか?部屋を綺麗に保つには、自分だけの空間だと思わず、常に他人の目に触れているということを意識して、公共の場にすることが重要です。そして、部屋を綺麗にしたり、生活を意識していくことで、生活習慣や心身の健康状態も改善されていくのではないかと思います。

なぜ部屋は汚れるのかを考えてみる!

そもそも、なぜ部屋が汚れてしまうのかを考えていってみましょう。もちろん、その人の性格や遺伝による要因というのも大きいです。しかし、そういう先天的なものを恨んでもしかたありませんから、今の自分にできる事を考えていきましょう。

部屋が汚れる一番の原因は、部屋のモノの配置そのものにあります。モノの配置のしかたが下手だと、それだけで散らかりやすい部屋になってしまうのです。部屋のモノの配置を決めるポイントとしては、なるべく床には物を置かないようにすることが肝心です。床にどうしても直接おかなければいけないものもあるでしょう。たとえばテレビ台やテーブル、ソファーなどです。そうした必要最低限のもののみを部屋の床におくようにして、あれもこれもと部屋の床におかないようにする必要があります。

部屋の床にあれこれ置いていってしまうと、それだけで部屋の床に物が置かれやすい心理的状況を作ってしまいます。そうなってしまうと、ついつい面倒くさがって出したものを床に置いたまま放置してしまい、部屋が散らかる原因となってしまいます。

部屋の配置から考え直す!

床には必要最低限のものを奥だけにとどめ、あとは基本的にしまう場所や住所を決めていきましょう。たとえば、文房具は机の一番上の引き出しにまとめるとか、このカテゴリはここに、このカテゴリはここへとそれぞれのしまう場所を決めていくといいのです。

押し入れやクローゼットの中というのは、単にモノを詰め込んでおく場所ではありません。あまり目につかないだけで、収納場所という部屋の中で機能性をもった立派なエリアなのです。ですから、ただモノをごちゃ混ぜに詰め込むというのではなく、しっかりとモノを整頓してしまっておく必要がありますし、部屋に置けないもの、収納できないものは減らしていかなければいけません。

何か不要なものを捨てて収納スペースを作るなり、その部屋や収納スペースのキャパシティをオーバーしないようにモノを所持していくのがベストです。何か新しいものを購入する時も、そのものの置き場所や収納場所があるかどうかをある程度考えてから購入する必要があります。何も考えずに購入してただ部屋のスペースを狭くするだけというのが、一番部屋を汚しやすいです。

ものの住所を決める

また、クローゼットの中にただモノをごちゃ混ぜに詰め込むのではなく、しっかりとモノの立ち位置と住所を決めて整頓することは大切です。ごちゃ混ぜに詰め込んでしまうと、モノを出すのにも一苦労ですし、出す時にあれやこれやとものを一度出したり、クローゼットの中でまたゴチャゴチャになってしまったりします。モノをしっかりと整頓しておくことで出す時にも手間取りませんし、出したものをしまう時にも、あらかじめ住所が決まっているので、しまう場所がちゃんと確保されており、便利です。

部屋がすぐに散らかっていってしまう人の最も大きな原因として、出したものをすぐに片付けないでどんどんたまっていってしまうということがあります。出したものを意識的に素早く片付けようとしても、片付けが面倒であればすぐにやめてしまいます。

モノを出すにも片付けるにも素早く、楽にできるというのが一番大切なことになります。同時に、モノの住所をしっかりと決めておけば、出したいものの場所を即座に把握できますし、出したあとのしまう場所も決まっていますから、素早く出し入れができます。

ニオイも大きな問題!?

最後になりますが、部屋を綺麗に保っているつもりでも、隠せないのが生活臭やその部屋特有のニオイです。このニオイをしっかりと除去して気にならないレベルにしていかなければ、来客者にとって不快な思いをさせてしまうことになります。

ニオイを除去するのにはコツが要ります。まずは、基本的に普段の生活で部屋を整理整頓しておくことと、最低限の掃除はしておくことというのが最低条件です
そして、ニオイの原因となるものは衣類につきますので、服はなるべく部屋に干しっぱなしにせずに、乾いたらすぐにしまってあげることが大切です。

ソファーやカーペットなど、どうすることもできない布製品もありますので、なるべく食べ物などの汚れを付けないようにして、消臭剤などを散布していくといいです。

あとは、毎日必ず一回は部屋の窓を開けて空気を入れ替えてあげましょう。ニオイというのはその空間にしばらくとどまっていると衣類や布製品に染み付いてしまいますから、なるべく染み付かせないためにも、空気の入れ替えをしていくことが大切です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加