> 趣味・ライフスタイル > あなたは大丈夫?会社によくいる迷惑な人の特徴とは?

あなたは大丈夫?会社によくいる迷惑な人の特徴とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.30

会社には人に迷惑をかける人間がいないとも限りません

会社にはいろんな人がいますが、その中に自分は気づかなくても実は周りに迷惑をかけているという人も時にはいたりします。自分では気づいていないというのが一番のネックで、誰かが注意したとしても本人がそれを否定するという場合もあります。

ムードメーカー気取りの迷惑な人とは?

まずは、ムードメーカーになろうとして本人は上手くやれているつもりですが、単にうるさいだけという人が結構いたりします。こういう人は、一言も二言も多いという特徴もありますので、本人は人と上手くコミュニケーションをとれているつもりで、実はいろんな人を嫌な気分にさせているだけという場合もあります。

本人は、自分の事をうるさいとか、人を傷つけているとは夢にも思っていず、ムードメーカーとして周りの為に一生懸命やっているという自負もありますので、苦情を言われたとしても自分のムードメーカーとしての立場に嫉妬しているんだなと、間違った理解をしがちです。

このような人は、何を言われてもへこたれないという時と場合を間違えれば厄介な性質を持っていますので、何を言っても認める事は滅多にありません。しかし、実際に迷惑をかけているのは事実ですので、その人が困った場合になぜか助けようという人が少ないものです。

ところが、それでも本人は気づきにくいのですが、周りの人が一丸となって本人に言うと少しは大人しくなる場合もあります。しかし、それは反省してではなく、周りにおかしい人が多いと思って仕方なく大人しくしているだけですので、状況が少しでも変化するとまた元に戻ってしまいます。

実力は無いのに偉そうな人とは?

次に、仕事はそれほど出来ないにも関わらず、なぜか周りの人に上から目線で物事を言う人です。根拠の無い自信だけが異常にあり、その自信と仕事の結果がまったく釣り合わないとしても、その異常な自信だけは決して失いません。ある意味、凄い人とも言えます。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、こういった人の自信とはただの妄想である場合が多いものです。仕事の結果に結びつかなくても、まったく動じたりする事もなくその自信が揺らがないという事は、妄想が現実を凌駕しているという事も考えられますので、迷惑のレベルを超えた危険人物かもしれません。

こういった人も、周りの意見や忠告を自分に都合のよい解釈しかしませんので、何を言っても堪えたり反省をしたりする事は滅多にありません。余りにも周りへの迷惑が大きい場合には、それとなく理由をつけて配置転換をするしかないでしょう。

自分がポジティブになった時の周りの反応を観察してみよう

このように、その人がポジティブになればなるほど、周りの人はその逆の影響を受けてしまうという場合があるのが世の中の難しいところかもしれません。自分がポジティブになればなるほど、周りが反比例のような状態になると感じた人は、ひょっとすると心のボタンの掛け間違えをしているのかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加