> 趣味・ライフスタイル > 日本脱出!不労所得で海外で暮らしていく最も簡単な方法とは

日本脱出!不労所得で海外で暮らしていく最も簡単な方法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.19

日本を脱出して、温暖な気候のアジアの国で暮したい。なんて言う人は多いのでは無いでしょうか。今現在も、団塊世代の方達が南の島に移住して、コミュニティを作ったりしていますね。

彼らには、退職金や今まで貯めて来た貯金と言う財産があるので、移住すると言っても結構簡単に移住できてしまうようです。それでは、不労所得を得ながら海外で暮らして行く一番簡単な方法とは何でしょうか。

一番は、不動産所得を得るという事です。要するに、大家さんになると言う事ですね。元々家が資産家などで家の一つや二つ余ってると言うようでしたら話は別ですが、なかなかそういう訳には行かないのが現実です。

もしも、今持ち家を既に取得しているのであれば、その持ち家を貸してお金を得るという方法が一つの方法です。ローンを幾ら支払ってるかにもよりますが、ローンを支払っても賃貸料金の方がかなり上回るようでしたら、不労所得を得られると言う計算になります。

もしあまり上回らないようでも、何件かそういう物件を得るという方法もあります。

ちょっと位汚くても、格安で売りに出てる物件を購入します。そして、自分で全てリノベーションして綺麗にしていくのです。そうする事によって、業者に頼んでリフォームするお金分が浮く為、かなりお得に物件を購入できたことになります。

綺麗にされた物件の場合は、多少高めの値段で賃貸に出す事も可能なため、ある程度綺麗にしてから賃貸に回す事をお勧めします。

勿論、その周りの地域の相場などを全て調べた上で、ローンを返済しながら貸したとして毎月どれ位の利鞘があるか、きちんと計算した上でです。

空家になってしまうと言う可能性もある為、管理などはすべて業者にお願いするという手もあります。そうする事によって、毎月手数料はかかりますが、空家になった場合でも、お金が毎月入ってくるようになります。

また、電気が切れたり、何か家のものが壊れたりした場合には、大家さんの仕事になる為、業者に修理をお願いしたりなど大家さん側でしなければならない事が沢山ありますが、それらも全て管理してくれる所にやって貰えると言うことになる為、海外にいるようでしたら使い勝手の良いサービスになるのでは無いでしょうか。

一軒あたりの利益は少なかったとしても、それを何件か持つ事によって、リスクも減りますし、海外で暮していけるだけの不労所得を毎月得られるようになります。

物価の安いアジアでしたら、拘らなければ数千円の家賃で住める所もありますし、そこそこ綺麗な所に住んだとしても、2万円あれば立派なマンションに住めたりするものです。

食費は安いですし、毎月入ってくる不動産収入でそこそこの暮らしが出来るのでは無いでしょうか。

住む国、地域によっても色々変わってきますが、大家さんになって海外で暮すというのは、まさに自分で殆ど労働せずに不労所得を得られる方法なのでは無いでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加