> 趣味・ライフスタイル > 自分を過大評価して夢を叶えてしまう方法

自分を過大評価して夢を叶えてしまう方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.11

2014_2_111

自分を大きく見せる方法というのは、決してウソなどではなく、自分を売り込むためのスキルと言っていいと思います。ただ、ある程度実力が伴わなければ、世間は冷たくそれを「ウソ」だと酷評します。

しかし、何がウソで何が本当かというのは、つきつめていくと誰にも分からず、真実や正解という概念もまた存在しないように思えます。

なので今日は、自分を過大評価して、夢を叶えてしまえという話です。どうぞ最後までおつきあいいただき、すばらしい人生を歩んでください。

自分の中だけで消化する

自分という存在を評価する上で、その基準は人によって千差万別、完全に異なるのですが、多くの人が基準に置いているのが、職業・学歴・資産・容姿・パートナーのランク・所有物など目に見える価値だと思います。逆に言えば、目に見える価値、分かりやすい価値でなければ、自分を肯定する事が出来ないため、自信の無さの裏返しとも言えるでしょう。

確かに、上記のものを保持していければ、ある程度の安心感を持てるのは事実です。多くの人は、この視覚価値を重視するあまり、見えないものの価値に気づかずに生きて行く事が多いです。そのため、この目に見える価値を失うと、激しく落ち込み、自分自身が全否定されたかのような気分になってしまいます。

そうならないためには、自分の価値はそんなものでは決まらない、というもう一歩先の境地にまでたどり着く必要があります。ただ、これは、上記の目に見える価値を、一通りすべて手に入れた人のみがたどり着ける世界であり、多くの人は、そこまでたどり着けずに一生を終えます。

なので、まずは、上記の視覚的価値を手に入れる事からなのですが、それを手に入れる更にもうひとつ前の準備段階として、自分の中だけで自分を評価する、というものがあります。自分自身の価値というのは、自分以外に理解出来る人はいません。友人や恋人、家族というのがあなたの事を認めるかもしれません。

しかし、それは、あなたの存在が相手にとって価値のある存在だからこそ、認めるのであって、あなたの価値が分かっているというわけではないのです。わたしの知り合いで、こういう人がいました。自分を受け入れてくれる人間だけは、過大評価し、自分に利益をもたらさない人間は、敵視し馬鹿にするといったものでした。

人間を動かすのは利益です。彼はとても分かりやすい例ですが、人間というのは多かれ少なかれ、このような感情が存在しており、それをうまく見せているかそうでないか、の違いだけであったりするわけです。なので、あなたの事を好きだと言ってくれる人がいて、その人たちはあなたの本当の価値が分かっているというよりも、あなたに利益を感じ、利害関係が一致しているため、良好な関係が築けているというのが正解でしょうね。

実際に、あなたが、その人達に不利益をもたらすような行動をして、すぐに手のひらを返すような真似をしたら、本当に利益目的の関係とゆう事になります。やらない方が良いですけどね。人間不信になりますし。無償の愛情を与えてくれる恋人ですら、要は、あなたが持っている何からの魅力に利益を感じているというだけなので、それがなくなってしまえば、残念ながら離れて行きます。

長年付き合っていれば情などがわき、すぐに離れて行く事はないかもしれませんが、心は少しずつ離れて行くでしょう。なので、自分の価値を分かる人間というのは、この世でたった一人、あなただけなんです。他人というのは心の変動が激しく、二転三転しますから、基準にするには恐ろしく不安定で危険だと思います。

自分自身だけが、自分の価値を判断出来る唯一無二の存在であるわけです。そのため、自分さえ自分自身を肯定出来るようになれば、どんな事が起きようが、自分だけは自分を認める事が出来、どんな事が起きようが、心が動揺する事はなくなるのです。

ただ、ここで気をつけた方が良いのが、自分のその気持ちを相手に伝えないようにしましょうね。世間というのは、自分以外のものを否定し拒絶する傾向にある、と思っておいた方が良いです。人間というのは、各々が自我を持ち合わせている個の集合体であり、自分は正しくて、他人は間違っているという考えを持った人間の集まりなわけです。

なので自分の考えを出してしまうと、叩かれます。そのため、そうならないようにするには、自分の気持ちを言葉や文字などの形のあるものに乗っけて表現しないようにする事です。自己主張はぜず、自分の中だけで自分の価値を消化するように心がけましょう。

自分をプラス視点で解釈する

自分をプラス思考で解釈出来るようになれば、あとは、諦めずにまっすぐ進むだけで、成功を手に入れる事は出来ます。歪めてしまうのも、諦めるのもあなた自身である事を覚えておきましょう。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加