> 趣味・ライフスタイル > 太るのが怖い?甘い物と上手くつきあって食生活を楽しもう!

太るのが怖い?甘い物と上手くつきあって食生活を楽しもう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.10

仕事で疲れた時にも甘い物はいいものです

甘い物が大好きだ!という男性も少なくはないでしょう。特に甘党という訳ではないけれども、仕事で疲れた時とかにチョコレートなどの甘い物が非常に助かるという人もいるかと思います。疲れた時の甘い物は脳にもいいらしいですからね。

昔と今とでは甘い物の事情も変わった?


病気で、甘い物はお医者さんから控えるように言われているという人や、ダイエットをしているのでという人は控えたほうがいいでしょうが、そうでないならば甘い物は自分へのちょっとしたご褒美になるという場合も多々あります。

専門店以外でも、美味しい甘い物はコンビニでも買えますしね。

最近は、昔と違いコンビニに置いてある甘い物も内容がグレードアップされた商品が多いようです。

まず、クリームの味が昔とは比べ物にならないぐらいかと思います。ま、どの程度の昔と比べるかにもよるでしょうが、私が子供の頃にはまだコンビニもありませんでした。

小学校では、二学期の終業式が終わったら小さなクリスマスケーキを貰って帰るといった時代でした。

タダで貰っておきながら悪いのですが、バタークリームで美味しくなかった憶えがあります。それと比べたら、今のコンビニのスィーツはもう美味し過ぎます。

男性用に、甘さを抑えたというような商品までありますし、種類も豊富で目移りするぐらいです。しかし、だからといって食べ過ぎては体によくないでしょうから、たまの楽しみで買って帰るというほうがいいでしょう。

私の場合は、週の真ん中の水曜日や、よく休みの前の日などに買って帰っていました。コンビニ以外でも、美味しいケーキ屋さんとか、お!今日は100円セールをやってるのか!という時のドーナツ屋さんとか。

甘い物は庶民へのご褒美?

疲れて家に帰って、お風呂にも入り食事も済ました後に、まだ今日は甘い物があるというウキウキ感は、庶民に生まれてよかったな~と心からそう思います。

休みの前の日の晩などでしたら、家でのんびりと映画でも観ながら甘い物を食べるというのもいいものです。

アルコールを飲むのとは、また違った充足感や満足感も得られますしね。また、寒い冬に暖房の効いた部屋で食べるアイスというのもいいものです。

甘い物で太らない為の心構えとは?

甘い物を食べるとすぐ太るという人は、このように甘い物はたまのご褒美といった習慣をつけたほうがよいでしょう。

私の場合は、飲み物もコーラやその他の炭酸飲料を飲んだりもしますが、1週間や2週間ぐらいは飲み物は水かお茶だけという場合も結構あります。

健康的にという訳ではなく、なんとなくそうしたほうが飲む時に美味しいと感じるからです。疲れてたまに飲むコーラの、あの甘さというか、コーラもその時々によって甘さの感じ方が違いますね。

いくら好きで飽きないからといっても、毎日食べ続けていたらいつか食べられなくなってしまうかもしれませんので、好きだからこそ長く食べられるような努力が必要なのかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加