> 趣味・ライフスタイル > 自分に自信がない人はまず最初に勉強しなさい!自分を信じる秘訣

自分に自信がない人はまず最初に勉強しなさい!自分を信じる秘訣

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.27

自分に自信がないという人に、先ず最初に必要な事は学びです。知識や知恵がないと、自分にバックグラウンドがなくて、根拠に乏しくて自信を持てません。先ずは学びましょう。

自信がない時の感覚を思い出そう

知識が無くて、人から質問をされた時に、何となくごまかしてしまう時が有りませんか?そんな時に、少し自信がないという感覚が有りますよね?

また、新人の時、商品知識がないまま営業に行くときや、資格の試験の時に勉強が不十分だった場合の自信のなさなど、知識が足りない時は自信がないものなのです。

それを逆に考えると、知識をつけるという事が自信に繋がるという事でもあります。

学ぶ習慣が自信になる

知識を付けるには学びが必要です。学ぶ事が習慣になると、自然と知識はついてくる訳です。

しかし、この学びという手段だけでも自信に対しては効果があります。
学ぶ事が習慣化していると、知識をつけるために前向きになっている状態ですので、そんな事で気持ちが軽くなるだけでも少し自信がついている状態になるのです。

知識をつけると少し自信になる

そして、知識がついてきた事が実感できると、更に自信が深まります。学びが習慣化した頃には、ある程度の知識がついているはずです。

その学んだ分野において、知識が他の人よりも深い事が自信になるのではなくて、他の人よりも深いと思う事、その思いが自信になるのです。

自信を持てるかどうかのキッカケは、実はこんな些細な事なのです。

自分を信じるかどうかが自信ですから、自分を信じれる些細なネタが自分に対する自分の評価を上げてくれる訳です。

そして、知識があることと、ないことの差が、実は僅かなことなんだと気がつくでしょう。

そうすると、知識がない分野にも、自信がないというような状態から回避出来ます。

知識をアウトプットすると自信になる

更に、知識をアウトプットする事で更に自信が付きます。知識はインプットした状態よりも、アウトプットする方が大切なのです。

アウトプットすることで、より強固な記憶として定着しますし、アウトプットする方法は、人に話してみる事です。

人に説明出来るかどうかが、正しい知識かどうかなのです。単純に友達や家族に説明するだけでも良いですが、どうせなら勉強会で講師をするとか、セミナーを開くとか、思い切って知識を披露する場を作ってみましょう。

そこで人に喜んでもらう事が出来ると、更に自信が深まります。
自分に自信を付けるには、この様なステップが効果的なのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加