> 趣味・ライフスタイル > 男をアゲる物。それはスーツでも時計でも車でもなく、「自信」

男をアゲる物。それはスーツでも時計でも車でもなく、「自信」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.13

他力本願の前に己を見つめ直す

最近、個人のアカウントでフェイスブックをやっていると、度々目にする広告があります。お見合い系の広告です。今時こんなもの誰が…と思うのですが、ちょっとセクシー路線の女のコの写真が使われていたりで、反響は少なく無い様です。筆者もついついチェックしてしまっています。

ですが、皆さんお察しの通り、目を引く為に使われている写真に登場している宣伝モデルの様な上玉女性は、利用者の中にはほとんど居ません。

なので本当に理想の女性と出会いたいのなら、出会いサービスの力に頼る事に時間を費やすよりも、モテる自分になるための男磨きに時間を費やす方が、よっぽど有意義と言えます。

謙虚なのはビジネスシーンだけで十分

その時に着目して欲しいのが、「自信」なんです。「日本人男性たるもの、謙虚で礼儀正しくあれ…」なんて文化が根付いていますが、そこをただひたすらに体現した所で、モテる男には決してなれません。

気持ちの持ち様一つで自信は身に付き、そして女性からの印象はグンとアップするので、普段の生活の中から、いくつかの点に気を付けてみましょう。

1.自分リズムで生活する

まず第一に、自分の中の””自分リズム””を定めましょう。ごく一部ですが、例えば…。

・気持ちを切り替える時、決まった銘柄の缶コーヒーを飲んでリセットする。

・電話を取る時、着信が鳴ったらすぐ様取るのでは無く、自分が一番整えられる間で一呼吸置いて、それから取る様にする。

・話をする時、相手の顔色ばかり伺いながら話すのでは無く、自分の中に一つ、これだと言う話の間を用意しておいて、それに従って話す。

などの、シチュエーションごとの自分の中のルールの様なものです。一本芯の通った大人の男性は、こう言った自分のリズムを、何かしら持っているものです。

2.胸を張る

在り来たりな事かもしれませんが、これも重要です。姿勢を伸ばし、胸を張って、まっすぐ前を向いて生活してみましょう。

もちろん、上司や取引先のお偉いさんの前などではマイナス印象となってしまうケースもあるので、そこはTPOも考えて…ではありますが。

またやり過ぎると、某お笑い芸人の様にちょっと滑稽な感じにもなりかねませんので、程度はちゃんと考えましょう。

3.「そんな事ないよ?」待ちの会話をしない

これはまさに女性と会話をする時の物ですが、慰めてもらおうとする様な自信の無い発言は、まずマイナス印象にしか繋がりません。

「そんな事ないよ?」
「あなたなら大丈夫だよ。」

時折見せる弱い部分は、母性本能をくすぐる魅力にも繋がりますが、普段からこう言った返答ばかりを期待して接していては、すぐに嫌われてしまいます。あの人は男らしく無い人…と、知らない所で噂にされてしまうかもしれませんよ。

気付けばあなたは注目の的に

あなたが女性にモテなくて困っている男性なのであれば、この他にも、自信を持つ為に改善出来る点は、探してみれば数多くあるはずです。

普段の生活の中から、それらの事に気を付けて日々を送っていれば、自然と前向きな性格に変わり、マイナスな発言を口にしたく無くなって来るでしょう。

「この人と一緒ならいつも前向きで居られそう。」
「明るく楽しい時間を共有出来そう。」
「ハッピーな事がたくさん起こりそう。」

そう女性に感じさせられる物が、「自信」と言う物なんです。ルックスも収入も、重要ではありません。自信さえ身に付けば、モテないあなたもきっと、出会いサイトなどに頼らずとも、理想的な出会いが容易に見つけられる事でしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加