> 趣味・ライフスタイル > 思い通りにいかない人生!そんな時あなたの実力と運が試されます

思い通りにいかない人生!そんな時あなたの実力と運が試されます

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.11

人生とは、何をやっても思い通りにいかないときがあります。そんな時は試練と思いましょう。それから逃げたら楽かもしれませんが、逃げてしまってはまた試練は繰り返されます。

でも頑張って試練を乗り越えると次は幸せが待っているのです。明けない夜は無いのです。逃げるか乗り越えるか、それはあなたの実力と運を試される時です。

人生の分かれ道

「何をやっても思い通りにいかない人生」だと諦めている人は、諦める前にもう一度考えてみましょう。

「何をやってもうまくいかない」ことを不運だと思うのではなく、どうせダメなら、自分の行くべき道と間違っているから、「こっちの道ではないよ」と守護神が教えてくれているのかもしれません。

本当かどうかわかりませんが、人にはご先祖様が守護神としてついているのだそうです。

以前オーラの泉で北海道のタレントとして有名な大泉洋さんが出演した時、「本当は東京に出たかったので、2浪もしたのに受けた大学をことごとく落ちて、行きたくなかった北海道の大学に行くことになり、その時は何もする気が無かった」というような内容を打ち明けました。

しかし大泉さんはこの大学在学中に有名になって北海道を拠点に活動するマルチタレントになったのです。もし東京の大学に合格していたら大泉洋さんの人生は変わっていたかもしれないというのです。これが大泉洋さんの人生の分かれ道です。

オーラの泉の江原敬之さんによると、大泉さんのご先祖様はアイヌ民族で、大泉さんは北海道を全国に広める役割を担って生まれてきたのだそうです。だから、いくら東京に出ようとしてもご先祖様が邪魔して東京の大学に合格するはずが無い、ということでした。

信じる信じないは人それぞれだと思いますが、世の中には目に見えないこと、科学では解明できない不思議な世界があるのだと思うのです。

私も「嘘をついてもご先祖様が見ているよ」と言って祖父母に育てられました。嘘をついた時、「ご先祖様の前でも言えるの?」と仏壇の前に座らされたものです。

だから私は「ご先祖様が邪魔する」というよりは「ご先祖様が間違った道へ進もうとしているのを教えてくれている」のだと思いました。

大泉洋さんにとっては、結局今の人生を得るためには北海道に居なければならなかったのですから、ご先祖様の教えは正しかったのだと思います。

今も大泉洋さんは北海道を拠点に活動されています。だから、大泉洋さんにとっての人生の分かれ道は、受けた大学に全て落ちてしまった時だったのでしょう。

その当時の大泉洋さんは、合格するはずだった大学も全て不合格になり、自分の不運にガックリと夢も希望も無かったことでしょう。

行きたくなかった北海道の大学で、演劇研究会「チーム・ナックス」に友人と所属し、しかも友人に誘われて嫌々だったのが、北海道のバラエティ番組に出てブレイクし、それから東京へも進出し、今や北海道を拠点に全国バラエティ・ドラマ・映画へと活躍を広げるきっかけとなったのだそうです。

このように、人生思い通りにいかない袋小路のような思いをした時こそ、嫌々でも何でも流れに乗ってみると良いのかもしれませんね。

そんな時こそ、ご先祖様が導いてくれるものです。そのためにも、ご先祖様が導いてくれるような善行を行いましょう。信じる者は救われるって感じですね!

試練の時をどのように過ごすかで人生決まります!

人生何をやってもうまくいかない時は、何かを学ぶ時です。スランプを苦心して乗り越えた時、人間何かが見えるものです。後で考えると、大した苦労をしていないものです。人生見方をちょっと変えるだけで人生楽しくなるものなのです。

試練の時にちょっと見方を変えれば同じ状況が違って見えて、その苦境を乗り切る良い方法やその状況を楽しみ利用する方法が見つかるというものです。でも、その見方を変えるのが実は一番大変なのです。

今までの常識やプライドや執着を捨てなければならないかもしれません。或いは辛い認めたくない現実を受け止めなければならないかもしれません。それを乗り越えた時に初めて見方を変えることができるのです。

いわば、一段高い所から見たら「迷路の出口が見えた」と言った感じです。でも、一段も二段も高い所に登ると見たくないものも見えちゃうかもしれませんので、それを受け止める強さも必要なのです。

経験は人を強くします。だから、試練の時こそ嫌々でも何でも前へ前へと踏み出さねばなりません。のらりくらりでも進んでいると道が開けるのです。そして一度乗り越えると、同じ苦難がやって来てももうへっちゃらです。

「明けない夜は無い」「今が人生の分かれ道」なのです。幸せが平等なら、苦難が多いほど大きな幸せがやって来る理屈ですよね。そう思ったら思い通りにいかない人生の時こそ、違った何かを始めて見ると運命の歯車がまわり始めるものですよ☆

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加