> 趣味・ライフスタイル > 人生のお手本にしたいメンターが持っている、6つの特徴その2

人生のお手本にしたいメンターが持っている、6つの特徴その2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.16

メンターを選ぶときに適当に決めたり、何も考えないで決めると、すぐに決まるかもしれませんがその人は自分を逃がしてくれない存在になるかもしれません。どんなメンターでもほぼ必ず自分が成長していけば、その人を超えることになるでしょう。

そうなったときに新しいメンターを見つけないといけないのですが、今まで付き合ってくれたメンターが感情的に素晴らしい人物であれば、そこで新しいメンターを見つけることを勧めてくれるでしょうが、無価値観などに耐えられないメンターは、自分から離れないように何としてもそばにいさせようとします。

そうしたことからも、感情や精神、肉体のバランスが取れた人をメンターにすることはとても大切なことです。

特徴4:その分野で一流になっている

これが、そもそもメンターになってもらいたい直接な理由ではないでしょうか。スポーツでもビジネスでも、恋愛でも人間関係でも、どんなことでも自分がもっと理想な人生を送りたいと思ったらそれをすでに実現している人はいます。

そういった一流の人の特徴としては、他の人よりも沢山の失敗をし、その失敗から多くのことを学んで次に活かしているということがあります。どれだけ上手い人でも失敗に打たれ弱かったり、表面だけが上手に見える人がメンターになると、とても大切なことを教わることが出来ないかもしれません。

成功から学べることはそこまで大きくありませんが、失敗から学べることは大きなことがあります。それも、大きな失敗をしてそこから立ち直った人がメンターになってくれると、自分にどんな大きなことがあってもそこに的確なアドバイスと安心感を与えてくれる素晴らしいメンターになってくれるかもしれません。

やはり、経験していないことを教えることは難しく、それが正当な意見だったとしてもそこで大切になってくる自分の状態やメンタルな面まで教わることは難しいでしょう。

成功ばかりしている人から学ぶと、失敗することが出来なくなりますが、誰でも出来ることで失敗し、そこから成功している人から学ぶと、どんな失敗も怖くなくなるでしょう。どんなことでも進んでいける力を与えてくれます。そうした本物の一流の人を見つけることが出来ると、自分もそのような人になる可能性はグンっと高まります。

特徴5:謙虚で自然な状態に生きている

メンターといっても、全てが完璧な状態の人は存在しないでしょう。全てが完璧に見える人がいても、それはその人がそう見せているだけか、それとも偽のオーラに惑わされているだけかもしれません。

人間は、感性が鋭くなったり相手の存在感で独特なオーラのようなものを感じ取ることが出来ますが、今まで凄いといわれる世界に名を残している人に共通することは「ごくごく普通の人」ということです。

人間は全ての人間と同じですし、そこから自分は違う存在だと思い込むほどオーラのようなものが出てきて、そこに集まる人は自分にはオーラがないからダメな人間だと思っている人が集まるようになります。

生物の自然な状態というのはリラックスしている状態です。つまり、プラスもマイナスも受け入れている状態といえます。ですが、プラスしか受け入れることしか出来ない人は、マイナスが近寄ってきたときにそれから離れるために頑張ろうとします。

そのマイナスも受け入れることが出来れば、本当の意味でリラックスができ、自然体で人と接することができ自分の力も一番発揮しやすい状態になるといえます。

なので、マイナスな面を見せない人がメンターになるよりも、マイナスなことが起きたらそれを感じて向き合って対応することが出来る感情的な力が強い人がメンターになると、自分もそういう存在になれるでしょう。

特徴6:周りの人から信頼されている

どれだけ本人が凄そうに見えたり、本人が凄いと自分で言っていたとしても、周りの人の言葉は隠せません。周りの人は自分が尊敬するメンターのことを何と言っているでしょうか。

どれだけ凄い人でも、周りから「あの人みたいになるな」とか「本当は厳しくて周りを思っていない」と言われている人もいるかもしれません。その全ての意見が正しいことじゃないかもしれませんが、周りの人との付き合いが素晴らしい人は周りの人から愚痴などを受けることはないといえます。

これは、感情的に安定しているということともつながっていて、どれだけ凄くても感情的にバランスの欠けた状態で周りの人と接していると、やはり周りの人も感情的にバランスが崩れ、それが不満や嫉妬、怒りなどの形に変えて批判につながってくるでしょう。

誰が見てもプラスなことしか考えていない人と一緒にいる恋人や友人を見て、マイナス思考な人が多ければ、それはプラスしか考えないことでマイナス面から逃げていることになり、そういう人がメンターになると、自分もマイナス思考になってしまいます。

感情的なバランスが取れた人と一緒にいると、自分も自然なリラックスした状態でいることが出来るでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加