> 趣味・ライフスタイル > 動きながら自問自答する事で、最速で成長する生き方!

動きながら自問自答する事で、最速で成長する生き方!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.03

わたしはよく「いっつも何かを考えてるよね」と言われます。「そんなにずっと頭を使って疲れないの?」とも言われます。疲れるかどうかというのはちょっと分かりませんよね。誰と比べてという話なので、何も考えない人と比べると疲れているのかもしれません。

考えすぎる事は良い事ではありません。頭の中だけでいろんな事を処理しようとすると、思考には形がないため、整理する事が出来ません。なので、問題が膨張し一人歩きしてしまい、収拾がつかなくなってしまうんですね。だから紙に書き出して、具現化する。

そうする事で思考は整理されるんですが、頭の中だけで考えてばかりいると状況が悪化する事が多いなと思った次第です。わたしのやっている事は、考えてばかりだと非常によくないのですが、わたしの場合はそれを文章などにしてアウトプットしているため、思考が整理されるんですよね。

そのおかげで良い思考や心理状態が保てているのかもしれませんね。これをアウトプットしなければ頭がパンクしてしまうかもしれませんね。今回はわたくしが、動きながら考える、つまり自問自答する事で急激に成長する方法をお教えしようかと思います。それでは最後までおつきあいください。

正しい自問自答の仕方を習得する

生きていると必ず問題が生じます。問題というよりは、選択肢ですよね。そして、いくつかの選択肢が浮上した時に、正しい選択をしないといけません。ここを間違うと慣性の法則が働き、ダメな選択は更なるダメな選択を続けて選んでしまいます。

プラスの選択はプラスの結果を、そして更なるプラスの選択と更なるプラスの結果を招きます。こういう正の連鎖を生み出す選択力が必要なんですね。それでは実際にどうすればいいのでしょうか?

たとえばダイエットをしている人が、スーパーで買い物に行ったら、おいしそうなパンがありました。ここで選択肢が浮上しますよね。買うか買わないか。そして買った後に食べるか食べないかですね。

まず買ってしまうと、食べる可能性がものすごく上がります。当然ですよね。手元に無ければ食べようがありません。そして買うか買わないかというこの選択の時点で間違うとどんどん悪い選択を選んでしまいますよ。気をつけてください。

ダイエットをしているという目標をあなたは抱えていて、おそらくダイエットをしたい人のすべてが、どうしても痩せたいと思います。理由はいろいろあるでしょうが、痩せてモテたい、好きな女の子に告白したいなどの恋愛関連から、健康上の問題なら死活問題でしょう。

そして迷った時に、天秤にかける。あなたの食欲とあなたのダイエットする理由を天秤にかけた時に、どちらが大事かあたまの中でイメージし、実際に目的の圧倒的な大事さ(重さ)を連想し、天秤の目的側の測りを地べたにものすごい勢いで落としてみる。

このイメージトレーニングメソッドを使えば、迷いは払拭されると思います。もし、それでも食欲を抑えられない場合、未来の利益を考えると良いです。それを食べたら1kg太るかもしれません。そして、1kg太ると、1週間かけて落とした1kgのために費やした時間も努力もすべて無駄になってしまいます。

そしてそれがどれだけの落ち込みをあなたにもたらすかも想像してください。更に言うなら、その結果自暴自棄になってしまい、ダイエットに挫折してしまうかもしれません。そうしたらまたダイエットを開始する前の、醜い自分に逆戻りです。それに加えて、挫折してしまった自己嫌悪に苛まれるでしょう。

ここまで明確にイメージ出来るようになれば、選択を失敗する事はまずないはずです。それでも食欲が抑えられない場合は、代替え品を用意する事ですね。

カロリーや糖質が低いものを選び、それで誤摩化す。そうすれば食欲は減退しますし、太らず挫折する事もありません。これは最終手段です。そしてストレスで逆に暴飲暴食してしまうくらいなら、小さな誤摩化しでストレスをいなした方がいいですね。

止まらず動いて選択肢を正しく選ぶ事を習慣化する

正しい選択肢を選ぶ事を習慣化するためには、とにかく選択の量を増やす事です。正しい選択をする機会が増えてくれば、前回正しく選べたんだから、今回も出来る。という自信構築にもつながります。正しい選択肢かどうかは選んだあとの自分の気持ちを観察すれば分かります。

不快な気持ちになったら、自分を騙しているか、間違った事をしているんですよね。逆に正しい選択肢を選んだ場合は、自分の心理状態はとても気持ちいいです。そしてこの気持ちのよい状態を常に選べるよう努力する事。そのためにはたくさん選択する機会を作る事。

更に言うなら、増やすために動く事が必要になってきます。止まってはいけません。トライアンドエラーのスタイルを確立し、動きながら正しく自問自答し成長していくんです。3ヶ月後の自分は見違えるはずです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加