> 趣味・ライフスタイル > 夏に向けてダイエット!空いた時間で出来るトレーニングをご紹介!

夏に向けてダイエット!空いた時間で出来るトレーニングをご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.03

冬も過ぎてぽかぽかと暖かくなってきましたね。薄着になって肌の露出が多くなってきますが体のケアを怠ったり、少し体型がふっくらしてしまった方も多いのではないでしょうか?

『まだ夏までしばらくあるし大丈夫・・・』そう思ってるうちにあっという間に夏は来てしまいます!面倒くさがらず、ちょっとずつでも毎日続けることが大事です!始めることで気持ちも前向きになっていくものですので、諦めないでチャレンジしてみてください。

きついトレーニングをしないとやせないの?

もちろんジムに通ってプロのトレーナーに学びながらトレーニングすればいやでも痩せます。でもジムに行く時間がなかったり、そもそもそこまでして痩せようと思わない方のほうが多いと思います。

それに『継続は力なり!』という言葉もある通り、一時的に過剰な運動をするよりも適度なトレーニングを毎日した方が脂肪が効率よく燃焼され効果があるそうです。そこで自宅で空いた時間にできるトレーニング方法を紹介したいと思いますので是非参考にしてくださいね!

夜寝る前やお風呂上がりのトレーニング法

①柔軟体操
【手順】一般的に知られている柔軟の体操で大丈夫です。足を広げれる範囲で構わないので広げて、上体(おへそを床につけるイメージで)を左、右、中央にそれぞれ倒してください。すこし痛いくらいで止めて10秒間その上体をキープ。これを3セット続けてください。特にお風呂上がりは体が柔らかくなっているので効果大です。

【効果】血液の循環がよくなり血色がよくなり寝つきがよくなったり、脂肪を燃焼してくれます。また体の中の老廃物を流してくれるので便の通りが良くなり、結果お腹周りがすっきりします。

②足を上げる
【手順】柔軟で体が動きやすくなったところで、次に仰向けに寝てください。両足をなるべくくっつけるようにして息を吸いながら30度あたりまで上げます。次に息を吐きながら地面につくすれすれで止めます。これをなるべくゆっくりで10回2セット続けてください。最初のうちは10回でもかなり大変なので1セットでも大丈夫です。

【効果】骨盤の強制にもなり腹筋の下の部分、皮下脂肪がたまりやすい箇所に効果があります。お腹周りを鍛えるには必須と言っていいほどのトレーニングです。

朝起きた時のトレーニング法

朝起きた時に代謝を上げることで効率よく脂肪を燃焼してくれます。寝ている態勢でできるストレッチですので覚えておくととても役に立つと思います♪

①体を伸ばす
【手順】仰向けに寝た状態から、息を思いっきり吸いながら両手と両足を遠ざけるようにまっすぐ伸ばします。伸ばしきった状態で息を10秒間止めます。つぎに一気に息を吐きだします。これを3セット続けてください。

【効果】息を止めることで脳が起きて、体がオンモードになります。代謝を上げることにもつながるので効果は高いです。

②体をひねる
【手順】左足を右足に交差させるようにして体をひねります。つぎにひねった方向と逆の向きに上半身をひねります。次に右も同様に同じ事をします。

【効果】①と②を続けてすることでさらに代謝が良くなります。

空いた時間にできるトレーニング法

①腹筋
【手順】仰向けになり両足を曲げて緩い三角形を作ります(普通の腹筋の態勢で大丈夫です)。次におへそを見るようにして息を吐きながら(吐く量をしっかり一定にキープしながら)上体を起こします。息は吐いたままの状態で、次に左右に上体をひねります(←ここ重要!)。そして息を吸いながら上体を下します。これを30回2セット続けてください。

【効果】腹筋部分とひねりを加えたことにより外側の腹斜筋が鍛えられます。腹斜筋を鍛えることでくびれを作りより理想的な体が作れます。

②つま先立ち
【効果】歯磨きしてる時や食器を洗っている時、家の中で移動する際にはなるべく、つまさき立ちでいることで下半身の筋肉(とくにふくらはぎの部分)が締められ足が細くなり綺麗に見えるようになります。また副効果でバランス感覚も養えます。ただあまりに過度にやりすぎてしまうとかえって筋肉が鍛えられて太くなってしまう恐れもありますので注意してください。

いかがでしたでしょうか?少しずつ効果が見えてきますので、始める前の写真を撮っておいて実行後とどう変わったのか見比べていくのも楽しそうですね。『思い立ったが吉日』と言う通り、夏をエンジョイするために向けていまから是非取り組んでみてください!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加