> 趣味・ライフスタイル > 自分の夢に投資する!どの分野でも成功するために必要な方程式とは?

自分の夢に投資する!どの分野でも成功するために必要な方程式とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.25

スポーツ選手でも歌手でも、どんな人でも人生にはドラマがあります。そして、その感動するドラマはどれだけ勇気を持って進んでいったかによって、大きく膨らみます。

1週間に1回だけ練習して地元のスポーツクラブで試合をやるのを見るのと、毎日必死に練習して泣きながら叫びながら、喜びあいながら、全国という大舞台で一生懸命今までやってきたことを全力でぶつけるのを見るのとでは、感動するレベルが違います。ですが、ほとんどの人が理想の人生を描いているのに、中々そうならないのはどうしてでしょうか。

夢や目標に投資をしているか?

スポーツやビジネス、理想の仕事などを実現している人に共通していることは、それらに時間やお金などの投資をしているということです。必ずしもお金だけが投資というわけではなく、時間を使うことも投資になります。どれだけそのことに集中して時間を使っているかも、その分野では一流になる分かれ道になるからです。

ですが、私たちの身の回りにはそうした時間の使い方を邪魔する魅力的なものがあります。たとえば、スリムになってモデルの道を歩みたいとしても、チョコレートやアイスが大好きでやめることが出来なかったり、自分のやりたいことのために学ばないといけないことがあっても、ついテレビや漫画を見たりと、集中出来ないものが沢山あります。

そうしたものに時間を投資するのか、自分の夢のために時間を投資するのかでは、やはり実現される可能性が変わってくるでしょう。また、分野によってはお金を投資することも大切です。

知識面でのスペシャリストになりたいのであれば、そうした本や教材、セミナーなどに投資をして知識を取り入れていくことによって、他の人よりも自分流のブランドを作りやすいでしょう。どんな分野でも成功している人はこうした投資をしています。

心の投資はしているか?

ですが、一流の人と二流の人の違いは、まだあります。そして、これが二流の人が一流になれない謎とされていた部分です。それは、自分の心をその分野に投資しているかということです。「心ここに在らず」ということわざを聞いたことがあるかも知れませんが、心が別なことに意識がいっていれば、その分野で一流になることは難しいでしょう。

たとえば、一流のシェフになりたいのに料理を作っている時にテレビ番組のことを考えていれば、その時料理のことを考えている人に追いつくことはできないでしょう。

イメージトレーニングの重要性はスポーツの世界でも知れ渡ってきましたが、心や脳など目に見えない部分がどれだけ体に与える影響が大きいかは、火事場の馬鹿力などを見ても分かります。

スリムな女性が人を助けるために重たいトラックを持ち上げたり、不可能と思えることを成し遂げてしまう人は、やはり体よりも脳や心の力を引き出しているということが分かります。

なので、いくら物理的な投資をしていたとしても、心の力は思っている以上に強力なので、心もその分野に投資しないと一流にはなれないでしょう。逆にいえば、心の動きや使い方が分かっている人は、一流になる可能性が高いといえます。

1ついえることは、その分野のことを考えている時に嫌になったり考えたくないと思うことが続いた場合は、それは自分のやりたくないことということが分かります。

それだけで一流になることが難しくなるので、いくらスキルや能力があっても自分の力を制限するほどの力を心は持っています。そしてやっかいなことに、自分が本当にやりたいことがあっても、それをやりたくないと隠してしまう心の力もあります。そうしたしがらみを切り抜けることで初めて自分が本当にやりたいことを見つけることが出来ます。

人とのつながりに投資をしているか?

もう1つとても大切なことは、人とのつながりに投資をしていることです。というのも、オリンピックに出るような選手になりたいのに、そのスポーツに詳しくない地元のおじさんと一緒に時間を過ごしてばかりいても、それを達成することは難しいでしょう。

一流の人のそばには一流のサポーターがいます。それはどの分野でも共通することで、誰しも初めは一流じゃなくても一流になるために人に投資をしていることが共通しています。それは、お金だけではなく時間を投資することもあるでしょう。

協力してほしい人にお金を払って協力してもらうか、時間を使って協力してもらうか、いずれにしても自分の人生の基準を高めてくれる人と一緒にいることはとても大切なことです。

そうした人たちがそばにいるだけで、自分の考え方や感じ方、行動の仕方まで影響があるからです。理想の夢や目標をサポートしてくれる人を増やし続けることで、不可能に思えていたことも実現可能になる日が来ると思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加