> 趣味・ライフスタイル > 人生における決断の時に、迷っている自分の背中を自分で押す方法

人生における決断の時に、迷っている自分の背中を自分で押す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.18

あなたはどちらを選びますか?夢を追って安定した仕事を捨てるか、安定をとって夢を捨てるか・・・。人の価値観は様々、複数の人に同じ質問をすれば、答えは二つに分かれるでしょう。

生きていると、こんな選択に迫られることがあります。もしかしたら、この記事を読むあなたも、何かの選択に迫られ、迷いの中にいるかもしれません。そんな時に、自分で自分の背中を押す方法をご提案します。

人はどんな時に迷うのか?迷いの元を明らかにする

迷っているというのはどんな状況を言うのでしょうか?最初に挙げた「夢か安定か」の例で考えてみましょう。気持ちとしては夢を追いたい。しかし安定も欲しい。このどちらも本当だと思います。

じゃあ両方選べば良いじゃないかと言いたい所ですが、迷っているということは、両方を手に入れるのは難しい状態にあるということでしょう。つまり迷いとは、二つの選択、そのどちらも手に入れたいときに生まれるのです。

二つの欲求がせめぎあっています。それでは、夢を追いたいという気持ちと安定を得たいという気持ちは、同じ大きさなのでしょうか。私は、同じでないと考えます。

この例で考えると、「夢を追いたい」という気持ちの方が大きいのです。では、なぜ迷うかというと、夢を追うことにはリスクがあるからです。そのリスクを回避したいという心理から、もうひとつの選択肢、「安定を得たい」が生まれたのですね。

もっと言えば、「安定を得たい」という選択肢は、夢を追って失敗したときの怖さに対する「言い訳」といえるかもしれません。

自分の意見に賛同してくれるであろう、信頼出来る友達に宣言してしまう!

さぁ!自分が迷っていたのは、選択を怖れていただけ、ということが分かりました。それなら、その怖れを振り払えばいいだけです。でも、それが簡単に出来ないから迷うのですよね。

迷っているときに自分で自分の背中を押す方法、私が最初に提案するのは、周りの人に実行宣言をして自分を追い込んでしまおう!というものです。「夢を追って、安定を捨てます」と、まずは身近な友達に宣言してしまいましょう。

友達はきっと応援してくれるでしょう。あなたは、応援してもらえると気持ちが定まります。さらに、周りが期待する分だけ、その期待を裏切れないという気持ちにもなります。

例えば、両親に宣言するのもなしとは言いません。しかし、両親というのは、どうしても子を思う気持ちからか、保守的に偏った意見を言いがちです。あなたは、自分の背中を押すべき方向が見えているのですから、迷いを増長するような意見を言う人には、宣言を控えた方が懸命でしょう。

告白すべきか否か

例えば恋愛も選択の連続です。告白すべきか否か、迷うことがありますよね。そういう考えが浮かぶということは告白したいという気持ちがあるからです。でも振られるリスクを怖れているという状況なのでしょう。

様々な意見がありますが、私の意見は、告白してみなければ分からない。まず告白してみよう!です。脈がある人なら、むげな断られ方はあり得ません。脈がなければ、それなりに断られます。

人生は有限。早く次のステップに進まないと、その先にある楽しい時間も減っていきます。迷っている時間はもったいないのです。そんな時は、自分で自分の背中を押してあげましょう。

告白における迷いの場合も、信頼出来る友人に告白宣言をしてしまうのも有効でしょう。面白がられるのは少し嫌かもしれませんが、周りの人はどんな形であれ、あなたのことを応援してくれるものです。とはいえ、宣言するのはちょっとな・・・という人もいますよね。そんな人に紹介したいのが次の方法です。

自分を大事にし過ぎないという思考法

失敗することはなぜ怖いのでしょうか。それは自分が傷つくことが怖いのです。でも人は、傷ついて成長する生き物とも言えます。傷つくことは確かに怖いかもしれませんが、実際に傷つくことは大したことではないと自分に言い聞かせるのです。

実際に、あなたも過去の傷を振り返ると、笑い飛ばしてしまえることばかりでしょう。それはあなたが成長しているからそう思えるのです。その気持ちを先取りしてしまいましょう!傷くらい受けてやろうじゃないか!と。

あまり自分を大事にし過ぎるのも考え物です。考えすぎて動けなくなったら、それこそ成功なんてありません。進むしかないのです。そう思えると、ある意味自分なんてどうでもよくなります。開き直りです。すると、あなたは確実に次のステップに進めるのです。

誰でも迷います。誰もが自分と戦っているのです。そして、自分に勝つためには、迷いを振り払うことが必要です。誰がなんと言おうとも、最後の選択をするのはあなたです。自分で自分の背中を押して、一皮むけたあなたに会いにいきましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加