> 趣味・ライフスタイル > 自分を肯定することで自信をつける5つの方法

自分を肯定することで自信をつける5つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.14

自分を肯定するということは、なかなか難しいことかもしれません。でも自分のことを好きになるためには、自分を肯定することが必要になってくるのです。ついつい自分について否定的に考えてしまう人は多いです。

そうすることで自分を好きになりたくてもなれなくて悩んでいる・・という人も結構いるのです。自分を肯定する方法を少しでも知っていれば、自信を持つことが出来て自分をもっと好きになることが出来るかもしれません。

方法その1 自分の長所を探してみましょう

自分の長所が見つからないという人も中にはいます。それが外見であっても性格的なことでもいいのです。自分の長所を少し探してみることをしてみませんか。それが自分探しの旅のようなものです。

その旅のゴールには、自分を好きになることが出来ている自分がいるはずです。人から褒められたことで自信を付けることが出来る人も多いです。でもまずは自分で自分を認めてあげることから始めてみましょう。

そのためには自分が一番好きな部分はどこなのか、ということを考えてみることが必要です。それが自分自身と向き合うということなのです。自分自身と向き合うことにより、今後どのようにして過ごしていけばいいか、ということも見えてくるはずです。

方法その2 人から喜ばれる人を目指しましょう

自分のしたことを人から喜ばれるということは、とても嬉しいことですよね。そうすることにより、自分のしたことは間違っていなかったんだと、自分のことを肯定することが出来ます。

自分が精一杯考えてその人のためにより良い方向に向かうようにと、考えたことに対して、その人が喜んでくれたとしたら、こんなに嬉しいことは無いでしょう。

実際に自分なりに考えてしたことに対して、それを喜んでもらえなかったという経験を一度でもすると、もう人に対して何かしてあげるということは、やめておこうと思いがちです。

でもそれはタイミングや状態にもよるのです。諦めずにもう一度人が喜んでくれるようなことをしてあげられるような人間になれるよう、自分なりに努力をしてみましょう。それが大きな自信につながります。

方法その3 愛読書(バイブル)を持ちましょう

自分にとって、この本は一生に一度出会えるかどうかというような本に出会うことが出来るというのは、とても幸せなことです。たくさんの本を読んでいればいつかはそういう本に出会うこともあります。

でも、例えば書評などを読んでみて、ピンと来たというようなこともあるかもしれません。自分の思いを良い方向に変えてくれる、頼れる強い味方になってくれるような本を自分自身が見つけることが出来れば、それを大切にするようにしましょう。

そして日々の中で悩むことがあった時には、その本の中の言葉を思い出すようにしてみましょう。いつもカバンの中に入れておいたり、手帳にその本の中の言葉を書いておくのもいいですね。

自分にとって「これは素晴らしい!」と思える本に出会えたことを、誇りに思い今後も何度も読んでいくようにしましょう。

方法その4 心を穏やかに持つようにしましょう

自分の心を穏やかに持つことにより、自分自身が本当に求めているものが分かってくるということも結構多いのです。自分の考えている事が本当に正しいことなのかということを考えてみた時に、気持ちが穏やかでなければ見えてこないかもしれません。

自分を肯定するためにも、心を穏やかにすることが必要です。そうすることにより、自分自身はこのままでいいのか、もしくは改善するためどうするべきなのかということがよく分かるはずです。自分の心を落ち着けるということが出来るのは、とても大切なことなのです。

方法その5 感謝の気持ちを忘れずに

人から何かしてもらった時に感謝の気持ちを持つことを忘れていると、相手にもそれが伝わってしまいます。相手にそれが伝わると相手との関係が良好なものではなくなってしまうのです。感謝の気持ちを持つことが出来る自分を好きになることが出来るかもしれません。

出来るだけ関係を良好にするためにも相手に対しての感謝の気持ちを、言葉できちんと伝えるようにしましょう。そうすることで相手もあなたに対して感謝の気持ちを持ってくれることになります。そして更に良い関係が築けることになるのです。

自分に自信を持つためには、まずは自分を認めてあげるようにしましょう。そのためには自分を肯定するということが必要なのです。自信をなくしてしまうことがあり、肯定出来ない時期もあるかもしれません。

でも根底の部分で肯定していれば、きっとまた自分を認められる自分に戻れるはずです。自分に自信をつけるためにも、自分の心を大切にしてあげるようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加