> 趣味・ライフスタイル > 外出先で胃薬がなくても出来る、胃が痛い時の対処法!

外出先で胃薬がなくても出来る、胃が痛い時の対処法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.03.29

胃は非常にデリケートな器官です。「胃は心の鏡」と呼ばれるほどストレスに反応しやすく、ささいな事でも痛み出したりするので常に注意が必要な身体の一部ともいえるでしょう。

そんなナイーブな臓器である胃はいつ痛み出すかわかりません。例えばあなたが出先で急に胃が痛くなったらどうしますか?ここでは胃薬がないときに急に胃が痛くなった時に役立つ緊急の処置方法を紹介していきます。

胃が急に痛んだ時には乳製品を利用しよう

仕事やプライベートでの心配事や不安などでストレスをうけて、胃が痛み出すことは珍しいことではありません。胃はストレスを受けると強い酸性の胃酸や胃液を大量に分泌します。分泌された胃酸や胃液が胃の粘膜を刺激して胃炎を起こすことによって胃は痛み出します。

さらに、日常レベルでは味わうことのないような大きなショックを受けた時などはいきなり胃の粘膜や十二指腸に穴があいてしまうケースもあります。

このように胃は常に痛みだす可能性を持っているので、胃薬を持ち歩いている人も少なくないようです。しかし、胃薬がないときに急に痛み出すこともあるでしょう。そんな時に有効な手段が乳製品を利用することです。

乳製品は天然の胃薬

牛乳やヨーグルトなどの乳製品を飲んだり食べたりした後は、他の食品よりも長時間胃の粘膜に付着します。さらに乳製品には胃液を薄める効果があるので胃酸や胃液から胃を守ってくれる効果が期待できます。ただし効果は一時的なものなので、胃薬がないときの応急処置として行うようにしてください。

胃の痛みが治まらなかったり、長期間続くときは?

胃薬を飲んだり、牛乳を飲んだりしても痛みが治まらなかったり、痛みが長期間続く場合にはストレス性の胃炎以外の原因が考えられます。一番恐ろしいのは胃ガンですが、それ以外にも胃潰瘍やヘリコバクター・ピロリ菌に感染している可能性も考えられますので、一度検査の為に病院へ通うようにしましょう。

ストレス性の胃炎に悩まされている人はデリケートな器官である胃を労わるように基本的な生活習慣を見つめ直してみるのも有効かもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加