> 趣味・ライフスタイル > 国別のイッキ飲み!韓国では酒の飲み方は『爆弾酒』だ

国別のイッキ飲み!韓国では酒の飲み方は『爆弾酒』だ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.14

2014_2_146

居酒屋や小洒落た飲み屋に行くと、『イッキ』コールが至る所で行われている。20代の飲酒率が減ったとはいえ、飲み屋街では相変わらず酔ってフラフラになっている若者たちを見かける。急性アルコール中毒となって病院に担ぎ込まれる人もいるのだろう。

学生時代、調子に乗って、ずいぶん『イッキ』は経験した。友人達の中には、酔って寝る、酔って吐く、酔って泣くならまだしも、気絶して倒れ泡を吹く者までいた。社会人になれば『イッキ』をすることもだんだん少なくなってきた。

ところで、日本の学生達の宴会では『イッキ』飲みが当たり前のようになっているが、隣の韓国や中国では同じように『イッキ』をしているのだろうか?それぞれの国にはそれぞれの酒の飲み方がある。同じアジアでも違った酒の習慣がある。

二十年前だが、学生時代に留学生たちと宴会をした時の事を思い出す。中国の留学生たちと宴会をした。韓国の留学生たちと韓国風に宴会をした。他の国々の留学生たちとも宴会をしたが、印象的なのは中国と韓国だった。

礼に始まり猪口の乾杯を繰り返す中国

中華思想でエゴイズムが強調されがちな中国だが、酒の飲み方は礼に始まり終始謙虚に振舞う。席を譲り合い、酒を譲り合う所から始まる。黄酒の紹興酒を飲むのだろうと思っていたが、アルコール度数が50度もある白酒だった。遠慮しつつ猪口に酒を注がれたら乾杯する。猪口一杯を完全に飲み干す。時には、空いた猪口の内底を相手に見せ飲み干したことを示す。これの繰り返しだった。

酒席で相手に対する礼儀は極端なほど遠慮し合うことで示されるが、後片付けや床に平気でゴミを捨てる点は日常的にある。食べかすや飲み残しは平気で床に捨てる。謙虚で礼儀的な態度とは裏腹に、片付けやゴミを散らかす事には無頓着だ。

白酒のようなアルコール度数の高い酒なら、猪口五杯でも飲めばフラフラになる。グラスに注いでイッキ飲みすれば、即急性アルコール中毒になるかもしれない。猪口で乾杯するのが適量だろう。

『爆弾酒』をイッキ飲みする韓国

韓国では『爆弾酒』をイッキ飲みする。ビールをグラスに注ぎ、その中にウイスキーを入れたワンショットグラスを浮かべ、ワンショットグラスを沈めて一気に飲む。ワンショットグラスを沈める間、テーブルを叩き脚を踏み鳴らし囃し立てる。ワンショットグラスには焼酎やウオッカなど別の酒を入れたりもする。酒の味はビールの味が強かった。

ワンショットグラスを沈める時の囃したて方が尋常じゃない。奇声を発してテーブルや床をドンドンと鳴らす。それは日本学生の『イッキコール』に近い。よくアメリカのドラマで兵士達が囃し立てながら飲むシーンにそっくりだった。ゲーム感覚の『爆弾酒』だが、ビールのアルコール度数を上げるために、ウイスキー等を混ぜ合わせている。三杯もたて続けに飲むとフラフラになった。

イッキ飲みは場のムードを盛り上げるために、時には必要なことだが、限度や周囲への迷惑をわきまえて行いたい。中には静かに彼女と飲もうとデートの一環で来ている者もいる。すぐ隣の席でイッキ飲みをされると、普通に会話できなくなる。若気の過ちで許されるのも度が過ぎない限りだと認識しておきたい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加