> 趣味・ライフスタイル > 一貫性を求めて、他者から評価を得る方法

一貫性を求めて、他者から評価を得る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.11

長い人生を生きる上で、かなり重要になってくるのが、一貫性です。つまり人生に筋を通すという事です。たとえば、痩せると決めたら、必ず痩せる。

ビジネスで成功すると決めたら、成功するまで決して諦めない。この筋を通すという作業をする事で、人生はとても肯定的に捉えられるようになりますので、絶対に必要な要素だと言えるでしょう。

今日は一貫性を求めて、他者から評価を得る方法についてお話ししようと思います。どうぞ最後までおつきあいいただき、すばらしい人生を歩まれてください。それでははじめようと思います。

言った事をちゃんとやる。ただそれだけ

わたしの知り合いで、自分の思い描いた夢を、公言し、そのままを生きているとても筋の通った人間がいます。彼は、多くの人間から尊敬され、目標とされています。それもそのはずなのですが、言った事をそのまま実行しているのです。これを出来る人をわたしはほとんど知りません。

武士は自分の言葉を実行しないと、切腹だったそうです。それほど言葉というものは重く、言った事は守らないといけないものだった。言霊という言葉があるように、言葉には魂が宿っており、それを放棄する事は魂を奪われると考えられたのでしょう。実際にそうだと思います。

たとえば、ワンピースのルフィがあれだけ人気がある理由が、「海賊王になる」とゆう夢に向かって一直線にすすんでいるところだと思うのです。

そしてその信念を曲げず、どんな協力な敵にもひるまず、何度負けても立ち上がって闘いますよね。有言実行のその姿勢にわたしたち読者は惹かれているのであって、そこがあの漫画の魅力なんですよね。

簡単なようでそれはとても難しいです。わたしもこれをしよう!と思っても、恐くて人に言えませんよね。だって、もし破ったら信用を失いますし、めちゃくちゃに批難されます。ウソつきなどと言われる事もあるでしょう。これはとても難しく、だからこそ価値のあるものなのです。

筋を通した方が双方気持ちが良い

自分も相手も筋を通した方がすっきりして気持ちがいいです。たとえば、たばこをやめる!と言ったら、絶対にやめないといけないんです。そこに理由などありません。絶対にやめないといけません。すべてのやめない理由は言い訳であり、途中で降りる事は許されないのです。

なので、本当にやめる決意がないのであれば、最初からやめると公言しない事ですね。そうすれば、聞いた人達も文句一つでません。むしろ尊敬するでしょう。

他者から評価を得ようとするなら、とにかくかっこ良くなる事です。スマップの木村拓哉さんは、未だにトップスターですが、彼は愚痴も弱音も一切のネガティブな面を他人に見せる事はないそうです。

常にかっこよく、常にスターなんです。なのでどこまでいってもやはり、かっこいいわけです。これは並大抵の努力で出来るものではないとわたしは思います。常に、かっこよくいるというのは、ものすごい神経をすり減らすでしょうし、異常に気を使うでしょう。

飛行機にのる時も、トイレに行く時も、常に木村拓哉でいなければいけない。これは、われわれが思っている以上にしんどいと思います。しかし、彼はその対価として、これだけの圧倒的に人気を得ているわけなのです。やはりかっこいい人というのはその裏に秘密があるのです。

筋を通すというのは自分の人生を完結させるという事

たとえば、上記であげた、木村拓哉さんなら、俳優として、トップアイドルとして筋を通した生き方をしているため、彼の人生はもうあれで完結してると言えるでしょう。

もちろん、一番難しいのは、一時的に人気を得る事や、成功する事ではなく、継続する事ですから、今後なにか大きな失態でもすれば、どうなるかはわかりませんが、多分ないでしょう。

わたしで言えば、わたしはまだ、どうゆう生き方をしたいのかは決まっていません。大まかにはあるのですが、具体的にこういう生き方をして死ぬというのはまだ分かりません。

ただ、漠然と、自由が欲しいので、そのためにはお金を作って、なるべく幸せな事ばかりをして死んで行くというくらいしかありません。

木村拓哉さんのような、はっきりとしたビジョンを持って生きている人はほとんどいないでしょうし、わたしのように漠然と生きている人がほとんどだと思います。

ただ、わたしは漠然とした道しるべをたどりながらも、常に幸せの光が射す方向へ向かってすすめているように思えます。

筋を通せば、自分が幸せになれます。幸せになれば、周囲の人間にその幸せを分けてあげる事が出来ます。それが出来れば、あなたは尊敬や称賛を得る事が出来ます。

人生はたったの一度限りです。どのように生きようがあなたの自由ですが、どうせなら物語を完結させたほうが気持ちがいいでしょう。さあ、今日も最初の一歩を踏み出しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加