> 趣味・ライフスタイル > 遊び上手のコツとは?男なら粋とは何かを知っておこう!

遊び上手のコツとは?男なら粋とは何かを知っておこう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.11

2014y02m11d_075034109

あなたの会社の上司はどうですか?

ひと昔前ですと、会社の上司や先輩などがいろんな種類のお店へ飲みに連れていってくれるという事も多かったものです。

それが今は仕事とプライベートをきちんと分けているという人も増えてきたせいか、粋な遊び方を上の人達から学ぶということも減ってきているのではないでしょうか?

外で飲むのも遊びのうちに入りますが、なかには部下を誘っておきながら「割り勘ね」と言う上司も最近は多いとか・・・。いくら不景気とはいえ、それじゃもっと部下も行く気が無くなるというものでしょう。まず、そんな上司は飲みに行っても粋な飲み方なんて教えられないでしょうし。

粋ってどういうこと?またその反対とは?

粋といっても、はて、粋とは?と思う人もいるかもしれませんが、反対語に近い野暮という言葉を聞くと、なんとなくわかるという人も多いのではないでしょうか。グダグダと同じ店に長居をして、さしたる注文もせず当たり前のようにチビチビと長時間も飲むってのは、粋とは程遠いといえるかもしれません。

そういった事が普通だというお店ならいいですが、お店も商売でやっていますのでよっぽどの常連か、たまにしかそういう飲み方をしないというほうがよいでしょう。常連仲間と朝までワイワイやりながら飲むというのもいいですが、スマートな飲み方というのも覚えておきましょう。

粋な遊び方や飲み方を覚えておいたほうがいい理由として、夜の街での失敗を防ぎやすいという利点があります。酒を飲むにしても、女性を口説くにしても野暮な場合は嫌われたりします。単に嫌われるだけならいいですが、夜の街には酔っ払った乱暴者もいたりします。

酔っ払った乱暴者に野暮を理由に絡まれたりしても、周りはどちらかといえば内心では酔っ払った乱暴者に拍手喝采を送っている場合が多いものです。そして、野暮な人が追い出されると、その野暮な人の悪口で盛り上がったりも・・・お金を払って絡まれて、挙句の果てには陰で悪口まで言われるのは悲惨過ぎます。

しかし、他人に迷惑をかけずにスマートに楽しむという粋な遊びができない人は結構いるもので、そういう人はお金を払っているんだからお客様だぞっ!という偉そうな態度をよくとったりします。こういう癖はなかなか直りませんので、早いうちから粋というものを覚えておいて損はありません。

私の知っている男性で、カップルだろうが女性同士で真剣な話をしていようが、平気で話の腰を折って席に割り込む人がいました。ある深夜にお店の近くを歩いていたら、若い女性4人に詰め寄られ、土下座をして泣きながら謝っていました・・・どうしたの?と聞いたところ、やはり普段の行動にキレてしまったとの事。

数日後にある飲み屋でその男性と一緒になったんですが、その男性はまったく反省はしておらず、「いや~まいったよ~若い女の子の鬱憤晴らしにされちゃったよ~」とニヤニヤ笑っていました。まったく照れ笑いではなく、本気でそう思っている40代の男性を見て、野暮ってのは怖ろしいと思いました。

ここまでの人はそうそういないと思いますが、多少の出費があったとしても、男としての粋さは習慣として早いうちから身につけておいたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加