> 趣味・ライフスタイル > 冬は重ね着の季節!ファッションセンス大丈夫?簡単お洒落を作るコツ

冬は重ね着の季節!ファッションセンス大丈夫?簡単お洒落を作るコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.10

これから寒い季節が来て冬も間近となりましたが、冬になると重ね着をすることになりますから、今までの季節よりももっと身だしなみが重要になってきます。

現在のファッションは大丈夫ですか?服装は単なるお洒落や娯楽ではなく、身だしなみやその人の人となりを表す重要なツールとなります。ファッションにそこまで関心がないとしても、最低限恥ずかしくない身だしなみを考えていきましょう。

冬はよりファッションのセンスを問われる時期!

冬になると重ね着が必要な季節になり、若者からすれば思い思いの服に身を飾ることができて、とくに体系などを気にする女性にとっては、肌の露出の多い夏場よりも冬の方が好きという人も多いでしょう。

冬はファッションで思い思いのお洒落ができる季節でもあり、同時に身だしなみが重要となる季節でもあります。ファッションは単なるお洒落や娯楽ではなく、その人の人となりを表すとても大切なものです。

服装がだらしない人は、どうしても性格や中身も同様にだらしないと判断されてもしかたありませんし、身だしなみに関心が無いということは、それだけ自分や他人と友好的な関係を築いていこうという意識が低いと捉えられてもしかたありません。

夏場でこそ、半そでと短パンでラフに生活をできていても、冬場はそうはいきませんから、重ね着でだらしない格好になってしまったり、バランスの悪いすっとんきょうな格好になってしまわないように最低限の身だしなみを考えていかなければいけません。

普段の何気ない毎日の服装であっても、印象を左右するとても大切なものですし、ファッションをそれなりに人並みにこだわることは大切なことです。

最低限の身だしなみを考える

ファッションに対してこだわれと言っても、別に特別お洒落をしろと言うわけではありません。お洒落やトレンドの世界になると、もはやそれは半分趣味も入ってきますし、そこまで本気になってファッションにこだわる必要はありません。第一、お金もかなりかかってしまいます。

そうではなくて、人並みに恥ずかしくない服装を考えていくべきです。そして、特別お洒落をしたり目立つわけでもなく、最適に自分という人間を見せるような服装が望ましいです。

ファッションに関心のなかった人が、いきなりお洒落に頑張ろうとすると、それはそれは中学生の覚えたてのお洒落のような的を外したものになってしまったり、変に浮いてしまうような服装になってしまいがちです。

無理にお洒落をしようとすると、それが返って変に目立ってしまったり、真逆に働いてダサくなってしまいかねませんので、お洒落をするという感覚ではなく、しっかりとした服を揃えるという感覚で選んでいくべきです。

まずは理想となるモデルを見つける

また、服装にはカジュアルなものとフォーマルなものがありますが、今回は比較的カジュアルなもので説明をしていっているつもりです。

フォーマルなものの方が、たとえばスーツなどのように着回しができて楽なこともありますが、硬くなりすぎる傾向があり、逆に場面を選んでしまいがちです。

最近ではフォーマルをうまくアレンジしてカジュアルに着こなすようなファッションスタイルも多いですが、そうしたものが好きなのであれば、それは構わないと思います。

まずは、自分がどのような服装をいいと思うかを考えてみてください。別にファッションモデルを探せというわけではありませんが、たとえば芸能人やミュージシャンなどのこんな服装がいいと思うものがあれば、その画像を保存しておいてください。

いきなり独学でお洒落をしようとするよりも、探しやすくそれでいて的を外したような変な格好になる心配もないでしょう。なるべく自分の見た目や体系にあった人の服装を真似るのがポイントです。

服は消耗品!

これ!といったモデルが見つかれば、あとは真似っこにはなりますが、その服装に似たものただ探して購入して着回すだけです。

ファッションに特別関心があるのであれば別ですが、面倒な出費や調べものをしたくないのであれば、これが一番手っ取り早いですし、まずは何事も真似っこからというのは、どの世界でも基本です。

なるべくファッションは色彩も大切ですので、理想のモデルを見つけたら色合いも真似して選んでいくことが大切です。

そして、もう一つ大切なのは、服は消耗品だということです。何回も着ていればいるほど、すぐにヨレって着てしまいます。特に安い服であれば尚更です。洗濯のしかたや着る頻度などでも変わってきますから、なるべくヨレヨレになる前に新しい服装に変えるべきです。

着回しができる服装を考える

最後になりましたが、やはり楽に身だしなみを継続していくには、それなりに着回すことができて互換性のある服を選択していくことが大切になります。

それぞれ、何セットか服のコーディネートを用意したけれど、それぞれのセットでしか着ることができないのであれば、着回しが容易ではなくなります。たとえば、シャツだとかパンツなどはなるべく色々な組み合わせで着回しができるように工夫して選んでいくといいでしょう。

また、着回しをしようとした時に問題になるのが、服の色調です。黒系のパンツと白系のシャツを購入してそのセットで着る時はいいものの、別に買ったパンツとその白系のシャツを組み合わせようとした時に、色調が被ってしまってどうにもダサイといったことが出てきてしまいます。

こうしたことを避けるためにも、はじめに自分の理想となる服装をしている人の画像を保存しておくべきだと説明したのです。

その人の服装や色調を真似していくつかそれぞれのパーツを揃えていくことで、どれとどれを組み合わせて着ても色調的にあわないということが無くなります。また、自分でパンツはこれ系の色で、シャツはこれ系の色などと決めておくのもいいかもしれませんね。

服を選ぶときは、まずはインターネットなどでそれ系の服装について調べていくのがポイントで、別にネットで買ってもいいのですが、たくさんの服がある中で、目移りをしないようにしましょう。

たとえば、このパンツがすごく気に入ったとなってしまうと、また服装のバランスが変わってしまいます。面倒でもはじめのうちは、あらかじめ決めたもののみをしっかりと購入していくようにした方がいいです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加