> 趣味・ライフスタイル > 仕事の話は家庭に持ち込まないほうがいいって本当?

仕事の話は家庭に持ち込まないほうがいいって本当?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.13

2014y03m12d_120944706

家庭に仕事の話を持ち込まない理由とは?

よく、家庭に仕事の話は持ち込まないという人がいるみたいですが、その理由として、せめて家庭では仕事のことから解放されたいという場合と、家族に余計な心配をさせたくないからといったように、家庭に持ち込まない理由はそれぞれ人によって違うようです。

家庭に仕事の話を持ち込む理由とは?

また、家庭でも仕事の話をしたいという人もいます。職場で言えない仕事の愚痴を家庭で話すことによってストレス発散をしているという人もいれば、仕事に関係ない第三者としての意見を聞いて参考にしたいという人もいるようです。

女性側の意向が重要?

しかし、これは男性側だけの意向となっている場合もあります。女性にも、夫から仕事のことや相談を受けたいという人もいれば、仕事のことを話されてもわからないから話して欲しくないという人もいたりします。お互いの意向がピッタリ合っていればいいのですが、そうでないと・・・。

仕事の話や職場のことの相談を聞いてあげたいという女性でしたら、家庭に仕事の話は持ち込まないという男性の場合だと、物足りなさや頼りにされていないのでは?という寂しさを感じるかもしれません。家庭に仕事の話を持ち込まない理由を言っておくのと言わないのとでは、後から大きな差が出る場合もありますので、初めにきちんと理由を話して、そのことを相手に理解してもらうようにしましょう。

逆に、家庭に仕事の話を持ち込まないで欲しいというタイプの女性もいますので、ただ自分だけの意向で仕事の話や職場の愚痴を言ったり、第三者としての意見を参考にしたいという男性の場合は、却ってストレスが両方に溜まったりチグハグな意見で混乱を招くといった危険性もあります。

また、それが元でお互いの不和が発生してしまう場合もありますので、やはり初めに相手の意向も確認しておきましょう。俺の仕事の話や愚痴は聞かないくせに、自分の仕事の話や愚痴はいっぱい言ってくるというパターンもあるでしょうが、その場合は聞いているフリをするテクニックを磨くしかありません。これは話が今回のテーマと少し反れてしまいますので、また次の機会にでも。

自分の妻のタイプによって変えたほうが無難です

仕事の話は家庭に持ち込まないほうがいいのか、それとも家庭に持ち込んでも構わないのかという事は、夫婦のお互いの意向が合うか合わないかが大きく左右するのでしょう。

自分は家庭で仕事の話はしたくないという男性でも、女性がしてほしいという場合にはサービスとしてたまに話してみるのも、夫婦円満の秘訣になるかもしれませんよ。たまには聞いてみたいというハーフタイプもいますし。自分は話したいが妻は聞きたがらないという場合には、諦めて友達や飲み屋などといったような家庭以外で話せるような場所を見つけたほうが、夫婦不和を防げるかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加