> 趣味・ライフスタイル > お酒を飲んだときに悪酔いや二日酔いに効果的な食べ物飲み物9選

お酒を飲んだときに悪酔いや二日酔いに効果的な食べ物飲み物9選

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.09

年末や花見などのイベント。営業職の人なら頻繁に接待をするでしょうし、社内の風通しがいいという会社なら、お酒を飲む機会も多くなるでしょう。そんな時に注意したいのが「悪酔い」や「二日酔い」です。また、「お酒が弱い」という人も多いでしょう。そこで、「悪酔い」や「二日酔い」に効果的な食べ物と飲み物を紹介します。

お酒を飲む前に取りたい食べ物と飲み物4選

1.ウコンのサプリやドリンクを飲む
よく、CMでも流れているので「お酒を飲む前にウコンを飲む」という人もおおいでしょう。コンビニでもサプリメントやドリンクなども売っているので比較的入手しやすいです。

ウコンにはクルクミンという肝機能の働きを強める効果があります。決して、アルコールの分解をよくするという働きでは無いので、飲み過ぎには気をつけた方がいいでしょうし、お酒に弱い人はあまり効果が出ない場合もあります。ですが、取らないよりも悪酔いする可能性はグッと低くなります。

2.トマトサラダやトマトベースのカクテルを飲む
トマトには糖類やアミノ酸が含まれています。この2つは体内でアルコールの代謝を促進する酵素を活性化させます。トマト系のサラダを食べたり、トマトベースのカクテルを飲んでおくといいでしょう。

3.柑橘系をとる
柑橘系の酸っぱい果物に含まれているクエン酸は肝機能を促進する効果があるので良いがまわりにくくなります。グレープフルーツを食べたり、柑橘系のカクテルなどを飲むといいでしょう。

4.とりあえず胃に何かを入れておく
空腹時にお酒を飲むと酔いが回りやすくなります。そこで、お米などをあらかじめ食べておくか、注文することである程度お腹を満たしておきましょう。お酒の弱い人はとにかく何かを食べて場を繋げるといいかもしれません。

二日酔いに効く食べ物と飲み物5選

1.コーヒーを飲む
コーヒーはカフェインが含まれています。カフェインは二日酔いの身体に効果的です。なるべくホットのコーヒーを飲んで、身体を温めて気分をリフレッシュさせましょう。ただ、胃が空っぽの状態では負担がかかってしまうので柑橘系のフルーツを食べてからなどの方がいいでしょう。

2.緑茶を飲む
緑茶には、コーヒーと同じくカフェインが含まれています。また、タンニンも二日酔いの身体には効果的です。こちらもコーヒーと同じく温かいものを飲んで体調を整えましょう。

3.牛乳を飲む
よく「牛乳を飲めば胃に膜がはるから、悪酔いや二日酔いを防げる」といいますが、あれは間違いです。厳密に言うと胃に膜ははりません。ですが、牛乳に含まれているタンパク質はアルコールを分解しやすくする効果があります。なので、翌朝に残っているアルコールを分解するためにコップ1杯の牛乳は効果的です。

4.味噌汁を飲む
味噌に含まれるコリンという物質は肝臓に残っているアルコールが脂肪になって蓄積するのを防ぐので、二日酔いの朝には効果的です。
具は肝機能を促進するシジミや消化を助ける大根がオススメです。

5.チョコレートを食べる
よく、バーなどでウイスキーと一緒におつまみにチョコレートが出されることがあります。アルコールを分解する時に糖分をたくさん使います。なので、糖分を補給すればアルコールははやく抜けるというわけです。「二日酔いで食欲がない」という場合でもチョコレートを少しでもかじっておけば全然違います。

お酒は楽しく飲もう

どうせなら、悪酔いや二日酔いなどをせず、お酒は楽しく飲みましょう。紹介した飲む前にとりたい食べ物飲み物、二日酔いに効く食べ物飲み物をとりましょう。また、お酒に弱い人は周りから進められてもけして無理をしてはいけません。

悪酔いや二日酔いに効く食べ物や飲み物を紹介しましたが、一番効果的なのは「飲み過ぎないこと」です。身体に気をつけてお酒を楽しむようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加