> 趣味・ライフスタイル > 不安で夜も眠れない!そんな人に知ってほしい、不安を否定し動き出すコツ

不安で夜も眠れない!そんな人に知ってほしい、不安を否定し動き出すコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.16

人生に不安はつきないものですが、私も昔は、何が不安なのかわからない程不安になり、原因がわからないまま時間だけが過ぎて行きました。当然、心も不安定になるわけで、当時の私の心理状態はとても健康的と呼べるものではありませんでした。

不眠症になり、まったく寝られない日々が続きました。何が原因かもわからないので、対処のしようもありませんでした。たとえ寝られても、次の日クラスも忘れて眠ってしまうほど昏睡状態に陥ってしまう。コントロールが出来ず本当に苦しかったです。

起きて、急いで準備しクラスに行ったら誰もおらず、休みなのかなと思ったら一日過ぎていたなんて事もありました(笑)ありえないですね・・・。不安というのは、先に起こりうる可能性を察知し事前に準備するという活用方法もあれば、のまれてしまえば私のように抜け出せなくなるというとても危険なものにもなりえます。

今日は受け入れるとか乗り越えるなどというような難易度の高いものではなく、拒絶するという子供でも出来る不安の気持ちを持たせない方法をお伝えしようかなと思います。とても簡単なので、ぜひ最後までお付き合いいただき、このテクニックを習得してください。それでは始めます。

1:おまえ(不安)嫌い!の法則

子供の頃、嫌いなヤツっていませんでしたか?僕はたくさんいました。大人になってもいますけど(笑)子供の頃は相手の気持ちになるとか、そんな優しさや余裕はありませんでしたし、嫌いなヤツは嫌っていました(笑)おまえ嫌い!って・・・(笑)童心にもどり、不安も同じように嫌ってしまいましょう。

道ばたを歩いていたら、嫌いなヤツとばったり出会いました。そこでその相手を回避してしまうと「またどこかで会ったらイヤだな・・・」という不安な思考がその相手を引き寄せてしまい、また会います。また会わずとも、長く生きていたら、すぐまた同じタイプの人間に出会います。

同じ表情の、同じ言い方の、同じイヤな事を言ってくる・してくる人間です。決して回避出来るものではないので、ばったり会ったら、間髪を入れず拒絶してしまいましょう。何を言われても、全否定してあげましょう。そして完全に決別する。そうして自分の中で相手の存在を断ち切り、切り捨て、完全に拒絶しないと、いつまでもつきまとわれます。

なぜ同じタイプのイヤな人間に何度も出会うのかというと、それは自分が、彼等のイヤだと思っている人間性を持っているからなんですね。いやいや、そんなはずはない。自分はあんな下等な人間じゃない?では彼等をイヤだと思う部分を紙にリストしていけばわかります。

彼等のどんなところがいやですか?嫌みを言うところ?なんでも他人のせいにして責任転嫁ばかりするところ?思いやりがないところ?頭が悪いところ?群れないと何も出来ないところ・・・ですか?それはあなたの中にも眠っている要素なんです。人の振り見て我が振り直せという言葉があるでしょう?

どれだけ素晴らしいと評価されている人間にもそのような欠点というか一面はあります。人間は何百何千とある面からなる集合体だからです。しかし高い評価を受けている人間のほとんどは、それが自分の中にもある事を知っており、常にそうならないよう気をつけています。

自分が豊かな人生を送るためにです。なのですべての人間はリンクしており、どの人間にも共通点はあるのです。そしてあなたが嫌いな人たちは、あなたがイヤだと思っているところを持っています。もしまったく気にならないのであれば、それをイヤだとは思いませんし、事実彼等と仲良く出来ている人間や気にしない人間もいるはずです。

あなたのイヤだと思うポイントに触れているから彼等が嫌いなんです。彼等(不安)を拒絶しましょう!おまえ嫌い!近寄んな!あっちいけって!(実際の人間関係でそれをしてしまうと喧嘩になりますので、もっとうまい方法でかわしてくださいね(笑)(コレはあくまで不安を撃退するためのたとえ話です)

嫌いになるのは誰でも出来るはずです。頭の中でしょっちゅう不安とは出会うはず。それをことごとく拒絶し根絶やしにしてあげましょう。

2:いくつかの拒絶するテクニックを紹介

嫌う・拒絶すると言っても一体実際にどうすればいいのかですが、嫌いなヤツの事を考えると気分が悪くなりませんか?なので一つ目のテクニックとしては、何か他の事を考えるようにしましょう。イヤなヤツ(不安)が出て来たらすぐに反応として何かの行為を起こすようにするととてもいいです。

例えば「ピーーー!」などの高い音を一定時間頭の中で流す。この音が流れている間は何も考える事は出来ませんので、不安がる事は出来ません。他は、楽しかった過去の思い出を思い出し、気持ちを強制的に切り替える。他には植物や何かをぼーっと眺めるのもとても効果的です。無になれます。

このような方法を組み合わせ、頭にイヤなヤツを考える時間をどんどん減らしていくんです。そうする事で、時間の経過と共にどうでもよくなっていき、興味がなくなっていきます。そして自分が動いていれば、何らかの変化や成長が起こるので、気づいたら乗り越えているケースが多いです。

そうなるとイヤなヤツ(不安)はもうどこかにいっています。何かのきっかけでたまにはあるかもしれませんが、ほとんど思い出す事もなくなるはずです。この方法を使って不安を拒絶し、楽しく生きて行きましょう♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加