> 趣味・ライフスタイル > あなたは誰にどのように必要とされていますか?自分の貢献度とは

あなたは誰にどのように必要とされていますか?自分の貢献度とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.16

あなたは誰にどのように必要とされていますか?それによってあなたの社会への貢献度が分かります。必要とされる人になりましょう。

必要とされる人は「かけがえのない人」

人から必要とされる人は、かけがえのない人です。人には「承認欲求」というものがあって、「認められたい」と本能的に思っています。そして、その最も分かりやすい評価が「必要とされているかどうか」です。

お客様から必要とされる。会社から必要とされる。同僚から必要とされる。友達から必要とされる。家族から必要とされる。

そこには垣根はありません。どんな組織からでも、どんな人からでもその存在を必要とされるという事自体がかけがえのない事なのです。

より多くの人から必要とされる人は常に輝いています。ですので、さらに周りに沢山の人が集まってきて、そしてまた必要とされるのです。

その人のお陰で良い仕事が出来たり、その人がいるお陰で悲しい傷が癒やされたり、勇気をもらえたり…

そういう人は「かけがえのない人」です。

貢献を繰り返すと必要とされる

では、そういう人になるにはどうすれば良いのでしょうか?
それは、貢献を繰り返せば良いのです。

誰かの役に立とうとする、誰かに喜んでもらう行動をする、誰かを良い気分にさせてあげる。

そんな貢献を繰り返しているうちに、相手から感謝をされ、あなたは必要とされるでしょう。

そして、またそれに応える事で、更に必要とされるようになります。

必要とされる幸せを実感し、感謝しよう

人から必要とされるようになると、人が喜ぶ姿を目の当たりに出来て、それを嬉しく思えるようになります。人を幸せにする事によって、その感情が自分へも伝播して、自分も幸せな気持ちになるのです。

そして、必要としてもらえる事に感謝をしましょう。自分の存在価値を認めてくれているという事ですから、そのありがたさをしっかり噛み締めましょう。

そうすると、それがまた相手に伝播して、好循環になります。

必要とする事も時には大切

相手に必要とされるためには、時には相手を必要とする事も大切です。
必要とされた時に得られる幸福感を、相手にも同じように与えてあげるつもりで、相手を必要として、それに応えてくれた時にはしっかりと感謝をしましょう。

感謝の気持ちが伝わったら、相手はとても満足して、またあなたの要求を聞いてくれます。お互いが必要とし、必要とされる関係が人間関係の本来の姿なのです。

出会った時のご縁を大切にし、常に何かを一緒に取り組めるかという視点で人を大切にしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加