> 趣味・ライフスタイル > 重要なヒミツをあくまで自然に奥さんへカミングアウトする為の演出

重要なヒミツをあくまで自然に奥さんへカミングアウトする為の演出

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.25

本当は秘密にしていたいけど

キャバクラへちょっと勢いで…や、仕事と言いつつ、実は女性も参加した飲み会を満喫していた…など、既婚男性であれば、少し奥さんにはバレたくない事、ありますよね。

ちゃんと秘密にしていられるのであれば、一先ずは波が立つ事は無い訳ですが、些細なきっかけから、何かと勘ぐられてしまう物です。女性の直感は侮る無かれです。

すると次にやってくるのは、観念して、正直に伝えなければならない瞬間です。うやむやにしたままだと、被害妄想が膨らみ、事実以上の大ごととも捉えられかねませんからね。

切り出し方が重要

とは言え、一線を超えていなくとも、女性も絡んだ問題などであれば、ただバレて怒られるだけでは済まされないケースも考えられます。

離婚と言う最悪の事態に発展して、さらには慰謝料まで請求されて…。これではもう、全くもって、ちょっと勢いで…程度の過ちでは無くなります。

そこで重要なのが、カミングアウトする際の、極力話した事実によるショックを和らげるための、演出なのです。

深刻な雰囲気はNG

とにかく大事なのは、その事実が決して大ごとでは無いと感じてもらう事です。深刻な顔で土下座しながら、洗いざらい涙ながらに…なんて事でもしようものなら、奥さんは事態を重く感じ、それこそ離婚の二文字すらも意識してしまう事でしょう。

そこであなたが意識すべき事はあくまで、自分がいかに責任を逃れられるかでは無く、いかに奥さんを動揺させないかです。

余裕を持って、口調も穏やかに

相手を動揺させる原因となるものもまた、実は動揺だったりします。なので、まずはあなたが最大限に落ち着きましょう。

男は後ろめたい事があれば、声が上ずったり、早口になったり、目線が安定しなかったり、あと、妙に口数が増えると言われています。

しかもこのデータは、よく女性誌の恋愛特集などに載っている様なものなので、厄介な事に、女性は結構な確率でアテにしています。

穏やかな口調で、奥さんの気持ちを動揺させない様に、あなた自身、動揺している気持ちを出さない様にしましょう。

切り出すタイミング

あとは、いかにその内容が印象に刻まれない様にするかも、重要です。そのためには、まず楽しい話をしましょう。その日あった笑える話、共通の楽しみについての話などです。

特に、二人にしか分からない様な、夫婦間でしか共感出来ない様な話題で盛り上がっていれば、安心感は尚更ですので、より効果的です。

そしてその盛り上がりの合間に、さりげなく切り出しましょう。奥さんは楽しい話の方に興味を傾けているので、むしろ他の情報は頭に入れたくありません。なのでとりあえず聞きはしますが、その場において、深く詮索はされずに済むのです。

カミングアウトの記憶は、むしろ楽しいものに

そして後々、奥さんが気になって仕方が無かったその疑いについて、また詮索しはじめた時、記憶に残っているのは、あなたのカミングアウトの内容と共に、二人で楽しげに笑い合っていた時間となります。

詮索すれば、もしかすると悲しい事実が待っているかもしれない、だけど、楽しく笑い合っているそんな時間が、その詮索によって失われるなんて…。

そう考えた時、あなたの打ち明けた秘密は、記憶の彼方に葬りさられる事でしょう。焦りの気持ちをしっかりコントロールして、そして、奥さんの事をしっかり思いやって、一世一代の大ピンチ、切り抜けてみて下さい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加