> 趣味・ライフスタイル > 肌に優しい電気シェーバーを使ったキレイな髭の剃り方

肌に優しい電気シェーバーを使ったキレイな髭の剃り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.31

女は毎日メイクをするが、メイクをしないかわりに男が毎日面倒な思いをするのがヒゲ剃りだ。年齢や人によっては毎日じゃなくてもいい場合もあるかもしれないが、ほとんどの男が毎日ヒゲ剃りをしているのではないだろうか。

ヒゲ剃りはカミソリ派と電気シェーバー派に分かれるのだが、カミソリは深剃りできる反面、肌への負担が大きい。ヒゲ剃りは毎日のこと、実はこれこそが男の顔の肌に大きな負担をかけているのだ。そこで今日はカミソリよりも肌に優しい電気シェーバーを使ってキレイにヒゲを剃る方法を伝授しよう。

電気シェーバーのメリット

電気シェーバーのメリットとして、一つは先程も述べたように「肌に優しい」こと。そしてもう一つは、「いつでも手軽にすぐ剃れる」ということだ。カミソリだと刃物そのものであるため、取り扱いにも注意しなくてはいけないが、シェービングフォームを使うため後から洗ったり、初期投資が低い分替刃を買うのにお金がかかる。

一方電気シェーバーだと手軽に持ち運びができ、どこでもすぐにヒゲを剃ることができる。深剃り度はカミソリに劣るものの、そういう点では電気シェーバーであればヒゲが濃い人は1日に2回剃ることも簡単だ。

電気シェーバーは2種類

電気シェーバーにはうずまき状の刃の「回転式」と、刃が平行になっている「往復式」の2種類があるが、肌がデリケートな人には回転式、ヒゲが濃い人には往復式がオススメ。また、電気シェーバーにつきもののモーター音は回転式の方が小さくて静かである。

プレシェーブローションを使おう

最近の電気シェーバーはお風呂場などでのウェットシェービングも可能だが、今回はどんな状況でも剃れるドライシェービングでの方法だ。ドライシェービングとは言っても、剃る前にはプレシェーブローションを使った方がいい。

プレシェーブローションには肌の保護はもちろん、電気シェーバーの滑りを良くしヒゲを根元から立たせてしっかりと剃れるようにするという重要な役割があるからだ。

ヘッドを当てる角度と剃り方

ヒゲを剃る時は、電気シェーバーのヘッドを顔の肌に対して90°の垂直に当てる。そしてシェーバーを持っていない方の手で、ヒゲが立つように顔の皮膚を伸ばしながら、ゆっくりと肌の上を滑らせるようにするとよく剃れる。

ヘッドが従来からの往復式であれば下から上方向への逆剃り、回転式の場合は円を描くように回しながら剃る。しかし深剃りしたいからといってシェーバーを強く当てすぎると、肌を傷める原因となるので気を付けよう。

アフターケアが重要

ヒゲ剃りが終わった後の皮膚は、より敏感になっていることを忘れてはいけない。ヒゲ剃りの後は、アフターシェーブローションや化粧水などでしっかりとスキンケアをしておこう。こうすることで顔の肌荒れや乾燥を防ぐことができる。

スキンケアにご執心なのは女の方だが、元来男の肌は女の肌よりも水分量が少なく乾燥しやすいのだ。終わりよければ全て良し、最後にはしっかり保湿ケアをして男をアゲていこう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加