> 趣味・ライフスタイル > どうせ全部オレが悪いんだろ?思考を変えて被害者意識を手放す方法

どうせ全部オレが悪いんだろ?思考を変えて被害者意識を手放す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.15

被害者意識が強い人って多いですよね。ネガティブ思考というよりは、自分が攻撃されている感じにとってしまう幻覚の手前のように感じてしまいますが。わたしも悪い事が続いてしまうと、全部自分が悪いんだ~と思うところはあります。しかしそれは一時的な問題であり、その状態が持続する事はありません。

素直にとれないのは何故でしょうね。過去に騙された事があるのか、自己防衛本能で、まっすぐ解釈する勇気がないのか、理由はちょっとわかりませんが・・・。この被害者意識を持っている限り人間関係の構築は極めて難しいと思います。

極端な話が、「おはよう」と言っても「死ね」と言われたと解釈してしまうわけです。普通に歩いていても、他者の視線が気になったり、笑われていると誤解してしまう。被害者意識の強い知り合いがいるのですが、ちょっと対人恐怖症の類いなのかなとも思います。

人間関係というのは鏡のようなものであり、被害者意識の強い人がそのように接すると、相手も同じように反応してしまうんです。そうなると不信感が募り、相手も歪んだ解釈をするようになってきます。被害者意識が強い人はすごく苦労していると思います。

いじけモードくらいならまだ良いんですが、幻覚の手前くらいまでいってしまうと、生活するのが苦しいでしょう。どうにか助けてあげたいですねぇ・・・なので今回はわたくしが、思考を変えて被害者意識を手放し、苦しみから解放される方法をお伝えします。それでははじめます。

まっすぐ解釈してみる

おはようと言われたら、おはようと解釈してみましょう。騙されたと思ってまずはやってみましょう。今までは歪んで解釈してしまったため、結果も歪んでしまったんですよね?それでは、そのまま解釈してみるという事をやってみましょう。

たとえば、10人中1人が、おはようという言葉を嫌みで言ったとしても、別に良いと思うんですよね。9人はおはようとまっすぐ言ってくれるわけです。そして出来れば笑顔でおはようと返してみましょう。相手も微笑んでくれるかもしれませんし、親近感をおぼえてくれるかもしれません。仲良くなるのはそういう些細な事からなんですよね。

そして、関係構築というのは、お互いが少しずつ信頼関係を築いて行くところからはじまり、そして終わるわけです。歪んだ思考や解釈が以前と同じように出てくるかもしれませんが、それを拒絶し否定する訓練を毎日おこなっていき、正しい解釈が出来るように軌道修正していきましょう。

メリットとデメリットを天秤にかけて思考を矯正する

目先の利益にとらわれず大局的に考えてみてください。疑って騙される確率と、まっすぐに解釈して騙される確率と、どちらが多いと思いますか?圧倒的に前者だと思うんですよね。理由ですか?「思考」が「結果」を引き寄せるからです。

たとえば、あなたが跳び箱が苦手だったとします。そして「絶対に失敗する」「わたしには飛べない」などという思考で飛ぶと、必ず失敗します。気持ちで負けているという表現がありますが、まさにその通りで、気持ちがマイナス思考を引き寄せ、マイナスな結果を引き寄せる。負の連鎖ですよね。

なので、騙されないようにと思っているとあなたは騙されます。脳の潜在意識は否定形と肯定形の区別がつきません。なので騙されないようにではなく、信じようと念じる、思う。単純に相手があなたから奪おうとしてきたら、身を引けば良いだけです。何か買ってくれとか、お金の話だったり、宗教の勧誘だったりですよね。

だからシンプルに考え、信じる事を選択しましょう。最初から疑うと、相手の長所まで潰してしまいとてももったいないと思います。メリットとデメリットで考えるようにしましょう。疑うと「デメリットしか」ないんです。なので疑ってはいけません。

仮に疑って騙されたとして、自分に被害がないようにとか、避けるとかして最小限に被害を抑えれば良いだけです。なので恐れず疑わず、まっすぐとらえてみましょう。大丈夫、怖くないですよ^^

プラスの結果と自信を積み上げる

信じて、成功例を積み上げて行きましょう。おはようと笑顔で返して、その後も関係が築いて行けるようであれば成功したと思って良いでしょう。そして好きな人には好きだと伝えて、相手の長所はどんどん褒めてあげましょう。そうやって関係を構築していくのです。

プラスの結果がたくさん出来ると、それは自信に変わります。被害者意識を持たずに接した方が得な事が多いなという認識が植え付けられれば、もう被害者意識は手放せるはずです。自信を積み上げる事です。それがあなたのその歪んだ解釈を払拭してくれます。

KANの「必ず最後に愛は勝つ」・・・という歌詞ではないですが、プラスの思考は結局はマイナス思考に勝つように出来ています。がんばりましょうね^^

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加