> 趣味・ライフスタイル > 死ぬこと以外は全てかすり傷!ツライことに凹まなくなる考え方

死ぬこと以外は全てかすり傷!ツライことに凹まなくなる考え方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.21

2014y01m18d_050143528

日常の中で失敗をする事は沢山あります。しかしそんな時は自分に磨きをかけている時です。例え傷を負っても死ぬこと以外はかすり傷だと思って勇気ある人生を歩みましょう。

磨くという事は細かい傷を付けるという事

日常で失敗をしたり、思ったように上手くいかない事は沢山あるかと思います。しかし、そんな時こそ自分が成長するチャンスなのです。

多くの経験をして、失敗して、傷つきながら鍛えられる、そんな事を繰り返しながら自分を磨いていくと成長するのです。

成功している人は、必ずと言って良いほど多く傷ついた経験があります。そもそも自分を磨くという事は、細かい傷を付けているという事ですから、沢山行動して沢山自分に傷を付けるという事は良いことなのです。

傷つく事を恐れては磨けないという事です。何もしなければ傷は付きませんが、磨かなければ光りません。勇気を出して細かい傷を沢山付けながら磨く事が、大きな傷を付けなくて済む最も合理的な方法なのです。

傷はを恐れない生き方をしよう

どんなに傷ついたとしても、全てはかすり傷です。大河ドラマの戦国時代の風景や、戦争映画の戦闘シーンを見ていると、それはもう沢山負傷を負うシーンが流れます。

しかし、どれだけ傷を負っても相手を倒すという気概のある軍隊は、それだけでも驚異的な力を発揮します。特に戦争の場合は、士気というものが戦局に影響します。

負傷する事を恐れていないのです。それどころか死をも恐れないくらいです。さすがにそこまでは時代の価値観の違いになりますが、今の時代では死ぬこと以外は単なるかすり傷だと思っていれば、どんな事でも勇気を持って取り組んで、行動に移す事が出来るでしょう。

人も磨けば光る

自分が傷つく事を恐れずに、目的に向かって行動をしながら傷ついて、それでも立ち上がりながら取り組んでいると、少しづつ光っていきます。

傷の量は経験の量でもあります。傷の深さは経験の深さでもあります。沢山傷ついている人は沢山経験をしているという事ですから、その経験の広さと深さによって自人生に幅と味わい深さが出てきます。

この様な人はどこか輝きを放って見えるのです。行動や振る舞い、雰囲気や仕草に、経験に裏打ちされたすごみや貫禄も出てくるかも知れません。

気さくで華奢な身体なのに貫禄がある人もいるように、性格や体格とは関係なく、その人の経験というのは表に出ます。そして、そういう人は例外なく輝いて見えるのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加