> 趣味・ライフスタイル > 生え際が気になる前に始めよう!男の簡単育毛術

生え際が気になる前に始めよう!男の簡単育毛術

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.01.08

昔から「髪は顔の額縁」といわれるくらい、頭髪が人に与える印象は大きなものです。最近では美容室に通う男性が増えて、髪はおしゃれを楽しむ上でも大事な存在といえそうです。

しかし、男性の場合は年齢や体質、生活環境や遺伝などの様々な要因によって薄毛になってしまうリスクがあります。ちょっと薄くなってきたかな、注意しなければいけない年齢になってきたかな、そんなあなたの為に、いつまでも若々しい髪の毛をキープする為の方法をご紹介しましょう。

生え際を守るためには、日々の生活習慣や食生活を改善するだけで大きな効果が期待できるのです。知らなければ損!そんな情報をチェックすることが薄毛予防に繋がるのです。

睡眠時間は薄毛の原因!?ゴールデンタイムの休息が髪に重要

育毛と睡眠には密接な関係があります。睡眠中は成長ホルモンが分泌されることにより、髪の成長とダメージ補修が活発になります。特に夜の10:00~2:00までは睡眠のゴールデンタイムとよばれ、最も成長ホルモンが分泌される時間帯になるので、髪のためには早めの就寝が必要といえます。

睡眠時間と育毛の関係について、育毛剤や育毛方法を紹介している「育毛剤のミカタAGA戦記」では次のように紹介されています。

毛髪の発育に必要な毛母細胞の働きにも成長ホルモンは必要です。つまり、睡眠不足となって成長ホルモン分泌量が減ってしまえば毛母細胞の働きが弱まり、髪の成長が阻害されてしまうことに繋がってしまうわけですね。
参考サイト:育毛剤のハゲリーマン
参考ページ:ストレスが原因でハゲになるという噂はホント?徹底解説!

髪の健やかな成長を促すためにも、日頃からしっかりと睡眠時間を確保しておくようにしたいですね。ゴールデンタイムを意識して、出来るだけ夜更かしをしないように心がけましょう。

薄毛になりやすい人は頭皮が固い!?マッサージで改善を!

昔に比べて頭皮が硬くなってきた人、実は薄毛リスクが高まっている可能性があるんです!頭皮が硬いと血流が悪くなり、育毛に必要な栄養やうるおいが届きにくい状態になります。

ここで、簡単に出来る頭皮の硬さチェック法をご紹介しておきましょう。最も簡単なのは、両手で頭部全体を持ち前後左右に動かしてみるという方法です。これで皮膚全体が動くようであれば、頭皮は柔らかい状態であると言えます。

頭皮全体ではなく、額が動くかどうかチェックするのも良いですね。額の皮膚がしっかり動くかどうか、そして頭皮も同様に動くかどうかを確認しましょう。皮膚が十分に動かないようであれば、頭皮が固くなっている危険があります。

いくら髪に良い食べ物やトニックを使用しても、土台になる頭皮の環境が悪いと充分な育毛効果は望めません。シャンプーをする時や時間が空いたときには積極的に指の腹をつかって頭皮をマッサージすると良いでしょう。

マッサージは、頭皮の血行に沿って行います。頭皮の下から上に向かって、指の腹を使って少しずつ位置をずらしながら優しくマッサージします。ただし、マッサージをしすぎるとかえって頭皮に負担をかけてしまう事にもなりかねません。やりすぎには注意しましょう。

また、爪を立ててマッサージをすると頭皮を傷つけてしまう可能性もあります。頭皮に傷が付けば、そこから細菌が入り込み炎症を起こしてしまう恐れもありますので、頭皮マッサージをするときには気をつけておきたいですね。

頭皮をマッサージすることで、固くなった頭皮をほぐす・柔らかくするというだけでなく、頭皮の血行を促進し髪に栄養が届きやすい状態にしてくれる効果が期待できますよ。

血流悪化は育毛の大敵!肩や背中のコリを改善しよう

肩や背中のこりは一見すると育毛に関係がないように感じるかもしれませんが、肩や背中のこりは頭皮の血流を悪くするので油断できません。特に、肩首は頭皮へ血液を運んでいくための通り道になりますからね。

背中のストレッチや肩のストレッチをすることによって頭皮の血流を改善するだけでなく、腰痛や肩こりの予防もできます。一石二鳥だと思って実践してみてください。

頭皮のマッサージをすることは、明らかに毛髪・頭部を意識した動きになってしまうわけですが、肩や背中・首のストレッチであれば外出先・仕事中でもちょっとした空き時間に行うことが出来ますよね。

定期的に首や肩を回すという簡単な行動でも良いので、まずは血流を促進させることを意識することから始めてみましょう。お風呂上りのストレッチを習慣づけるようにするのも効果的ですよ。

過剰な飲酒や喫煙はNG!?生活習慣を見直そう

生活習慣の乱れは育毛の大敵です。睡眠不足だけでなく、ストレスの多い生活や飲酒・喫煙なども抜け毛を進行させてしまいます。飲酒量は、一定量を超えてしまうと血液の循環を悪くしてしまうので、頭皮への血液・栄養が十分に行き渡らなくなってしまうのです。

また、喫煙をすると血管を収縮させてしまうため、やはり血液循環が悪くなり毛髪が栄養不足となってしまうわけですね。飲酒は適量、喫煙は出来るだけ控えるよう心がけてみましょう。

乱れた食生活も薄毛の要因となってしまいます。偏った食事をしていると、栄養素というのは生きていくために必要な部分に優先的に運ばれていきます。髪は優先順位が低くなるため、まず髪から栄養不足となってしまうわけですね。

だからこそ、バランスの良い食事を摂り、髪まで十分に栄養が供給されるようにしたいですね。外食が多い人、脂っこい食事が好きな人は特に気をつけるようにしましょう。

気をつけていたのに薄毛に!?そんなときは専門病院で治療を

生活習慣に気をつけて、髪に良いと思える方法を試したけれども抜け毛がとまらない。このような人は病院への診察をおすすめします。病院ではミノキシジルとフィナステリドという発毛に優れた効果を発揮する成分が配合された薬を処方してもらえます。

専門の病院で受診すると月に30,000円ほどの費用が必要になりますが、効果がでるか分からない育毛施設や育毛剤を高値で利用するよりは確実に効果を期待できるでしょう。

薄毛の専門医は、インターネットで「AGA 病院」と検索すれば比較的簡単に探すことが出来ます。自分の住んでいる地域で検索できるサイトもありますので、是非チェックしてみてください。

残念ながら育毛はすぐに効果が出ることはありません。しかし、何もしない状態が続けば確実に髪・頭皮へのダメージは蓄積されていきます。気づいたときには薄毛に…ということも十分起こり得るのです。ですから日々の生活の中で少しでも髪に良い生活を心がけて、大事な髪を守るようにしたいですね。

薄毛は日々の生活習慣で予防可能!生え際を守って若さをキープ

薄毛になるかならないか、それは年齢や体質的なものもあります。しかし、日々の生活習慣に注意していることで防ぐことも十分可能なのです!

睡眠をしっかりとる、栄養バランスを考えた食事を摂る、血流を促進させるマッサージ・ストレッチを行う、これを知っているか、意識して行っているかどうかによって、10年後の生え際の運命が変わってしまうかもしれません。

ここで紹介したものは、特に難しい対策方法ではないはずです。だからこそ、しっかり意識しておくようにして、髪にとって良い生活を送るようにしてみてくださいね。まずは日々の積み重ねが大切なのです。

髪にとって良い生活習慣は、体にとっても良い生活習慣となります。生活習慣病等の病気になってしまうリスクが低くなりますから、是非実践していただきたいですね。健康も毛髪にも効果があると考えれば、少し頑張ってみようかなと思えるのでは?

そして、万が一生え際が気になる日がやってきたとしたら、速やかに専門医へ相談するようにしましょう。適切な薬を処方してもらう事で、薄毛の進行を遅らせる、改善することも可能となるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加