> 趣味・ライフスタイル > 男女の関係から考える、もしも現代で電気が使えなくなったら…

男女の関係から考える、もしも現代で電気が使えなくなったら…

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.06

もしも電気が使えなくなったとしたら・・・

現代は携帯電話やメールで連絡をする事も多くなり、特に男女関係においては重要な事柄ではなくても、電話やメールを多用する事がある人のほうが多いでしょう。しかし、携帯電話やパソコンにしても、電気が無ければ電話もメールも他のネットもできなくなってしまいます。

大震災で経験した人も多いと思いますが、電波が通じやすくなったとしても停電で充電ができない、またはパソコンが使えないといった状況ですと、それ迄の日常生活がままならないといった不便さを実感したと思います。相手の今の状況を瞬時に把握できないとか、情報を得られない等。

逆に言いますと、相手の今の状況を瞬時に把握できるとか、様々な情報を瞬時に得られるという事は、全て電気のお陰と言っても過言ではないでしょう。昔は停電も珍しいものではなかったのですが、今はよっぽどの事が無い限り停電になるという事はないかと思います。

なので、停電が無いのが当たり前、充電ができるのが当たり前となっている状態ですと、電気の有り難味というのがなかなか実感できないという人も多いかと思います。しかし、大震災を経験した人にとってはその事を実感している人も少なくないと思います。

電気は自然からも集められます

ご存知のように、お酒は自分で作ったら法律で罰せられますが、電気は自分で自然から集めても法律さえ守っていれば罰せられる事はありません。逆に自然から集めた電気を、電力会社が買い取ってくれるというシステムがあるくらいです。そういった状況も含めて、太陽光発電がせっせと広告されているのでしょう。

しかし、いざ太陽光発電を取り入れて、自分達が使う電気は太陽光発電で補い、余った電気は電力会社に売ってしまおうと考えても、初期費用がけっこう掛かったりします。また、メンテナンスについても不明な部分が多かったりして、なかなか二の足を踏んでいるという人も少なくはないかと思います。

全体で考えると費用がけっこう掛かりますので、まずは部分的に試してみるという方法もあります。例えば、携帯電話を太陽光発電によって充電するという製品もありますし、アタッシュケース型で太陽光発電を行うという製品もあったりします。

こういった物は、全体的な消費電力をカバーするという事はできませんが、部分的な補助には非常に役立ちます。もしもの時にもその力を発揮しますし、通常でも僅かですが節電にもなります。全体的が無理なら、部分的から始めてみるというのもよいかもしれません。

昔と今の違いは電気があるか無いかが大きい

ちなみに、もしも江戸時代にタイムスリップしたとしたら、一番驚くのは夜の暗さだそうです。時代劇は照明を使っているので明るいですが、その時代は電気の利用がまだありませんので、ロウソクや行燈の灯りのみといった感じです。勿論、掃除機や洗濯機や冷蔵庫にテレビといった電気製品もありませんので、今よりも何倍も手間が掛かる生活となります。

こういった事も含めて、もしも電気が無かったら男女関係はどうなる?という事を考えてみるのも面白いかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加