> 趣味・ライフスタイル > 頑固な人の特徴と対処法と反面教師法!人は頑固だと損をする

頑固な人の特徴と対処法と反面教師法!人は頑固だと損をする

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.12

身近に頑固な人はいらっしゃいませんか?人は頑固だととても損をします。そういう人の対処法と、反面教師として学ぶ方法を紹介します。

頑固な人

頑固な人の考え方には実は余り根拠が有りません。「こういうやり方をした方が上手く出来ると思うんですが如何ですか?」と建設的に言ったとしても。

頑固な人「いや、別に今までのやり方で良いです。」「でも、このやり方だと成果自体が飛躍的に上がりますよ。採用しない意味が無いと思うのですが。。」頑固な人「とにかく今までのやり方で良いのです。」

頑固な人というのは、論理的にどうこうでは無く、ただ単に自分の思う通りかどうかが判断の基準になっています。頑固だととても損をします。しかし、頑固な人は損をしているという事すら気付こうとしません。

頑固な人の傾向

頑固な人の傾向として、人の話に耳を傾けないという事が有ります。自分が思ったイメージを打破してしまう事をとても恐れている様に思えます。

人の話を途中で遮ったり、聞いている様で全く上の空だったり、聞いているようでも心に届いていなかったりと、頑固な人は自分の世界に閉じこもっているのです。そして、その世界になんらかの根拠が有るわけでは無く、ただ単に閉鎖しているという特徴が有ります。

頑固な人から学ぶには

身近に頑固な人がいる場合に、そういう人と接する事は非常に疲れる事かも知れません。そういう場合は反面教師の対象で有ると徹底しましょう。

頑固な人がどういう時に、どのように頑固なのかをしっかりと見ておきましょう。そして、自分は同じ事をしないように心がけて下さい。

頑固な人の特徴をピックアップしていくと、共通点が見えてきます。その頑固さを露出するタイミングだとか、頑固な状況の時にどういう顔をしているかとか、その人が頑固を貫いている時に、周りの人の顔色や反応はどういう状況だとか。

そうすると、頑固で有る事がどういう状況なのか、どれだけ恥ずかしい事なのか、どれほど意味がない事なのかに直ぐに気がつく事が出来るでしょう。

頑固を改善するには

頑固を改善する方法は簡単です。自分は頭が柔らかいという風に思い込む事です。思い込むことが難しければ、自分は頭が柔らかいと公言してしまいましょう。

そうする事によって、自分は頭が柔らかいんだという自分の像が出来上がります。自分が思った頭が柔らかいという像に、言動がどんどん近づいて行くことでしょう。

嘘が誠になるように、自分自身がどんどん頑固から縁遠い人になれる実感を感じる事も容易い事です。自分の変化に敏感になると、頑固からの解放は簡単です。費用ゼロ円で出来る事ですから試してみて下さい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加