> 趣味・ライフスタイル > 外見のコンプレックスや悩みを克服するためのマインドセット!

外見のコンプレックスや悩みを克服するためのマインドセット!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.28

太り過ぎ、鼻が低い、目が一重、くせ毛、足が短い、毛深いなどなど、人間の悩みは無限に存在し、どれだけ美しいとされる人間でも悩みは存在します。私も悩みはたくさんありました。そして現在もありますが、外見の悩みはある一定の法則をクリアすれば乗り越える事が出来ます。

今回はその外見の悩みを乗り越え、コンプレックスから自分を解放する3つ方法をお伝えします。

1:受け入れる

まず最初にする事は、現在の自分の外見を受け入れる事です。それがどんなものでも構いません。自分の容姿をありのまま受け入れ、自分にはすべて備わっており、現在の自分が完璧な状態にある事を知りましょう。

不足しているとか、もっとこうなりたいと思うのは他人と比較するからそのような感情が発生するのであり、健康な身体(今回は現在まだ生きているというのが健康の定義とします)がある時点で、あなたはすべてをもう持っているのです。

他人と比べるから減点主義となってしまい、あれも足りないこれも足りないとなってしまいます。なので、思考を減点主義から加点主義に切り替えてしまう事が第一段階となります。つまり現在太っているのであれば、10kgでも1kgでも、たとえ100gの減量であったとしても、それはプラスであり、前進している事を知りましょう。

それを積み重ねて行けば大きな結果につながり、大きな成功を納められるだけです。動き出すだけで、あなたはもう成功しているのです。それを継続するかどうかだけの話になります。受け入れると自分が本当に欲しているものが分かってきます。

身長が低いのを変える事は出来ませんし、目を二重にする事も手術やメイクなどをしない限りは物理的に不可能です。なので不可能な事に焦点を当てるのではなく、可能な事に注力する事が重要になってきます。太っているのがいやなら痩せる事は出来ます。

眉毛の形がいやなら雑誌などで整え方を勉強し、自分の顔にあった眉毛に整えましょう。変えられるものは変える努力をし、変えられないものはさっさと手放しましょう。時間の無駄です。まずは受け入れる事から始めましょう。

2:悩みを研究しよう

悩みについて、徹底的に学習しましょう。対処法でも、強制的に変えてしまう方法でもいいです。私の場合は、くせ毛が苦手でした。子供の頃はきれいなさらさらしたストレートだったのですが、中学で坊主にし、その後ホルモンのバランスに変化があったため、くせ毛になりました。

坊主だったのでそこまで目立ちませんでしたが、やはり気になってはいました。高校になり、長髪になり、くせ毛が目立つようになりました。雨の日などは最悪で、毛量が多い上に、ごわつき、毛が太く、うねりが強いため、手に負えませんでした。

そこまで気になってはいないつもりだったのですが、よく笑いのネタにされたものです。高校くらいからバイトしてお金が入るようになり、バイト代はすべてくせ毛改善につぎ込むようになりました。美容院や高額なシャンプー、トリートメント、ブリーチして髪の毛を痛め、くせをなくそうともしました。

ありとあらゆるくせ毛改善の雑誌も研究しましたが、結局たいした改善は見られませんでした。パーマや馬の毛用のシャンプー、アイロンに、縮毛矯正、どれだけのお金をつぎ込んだか分かりません。すべての方法を試してみた結果、結局なにも望んだ結果は得られないという事が分かりました。

兄がさらさらの髪の毛で、兄のような髪質に憧れていたのですが、結局、髪質は変えられないというのが私が出した最終的な結論でした。その後、私は髪質を変える事は諦め、坊主にし、帽子を集めだしました。帽子もどのくらい集めたか分かりません。

100個近く持ってますかね。友達も旅行先のおみやげに帽子をプレゼントしてくれるほど、自他ともに認める帽子マニアになりました。そしていつしか帽子が好きで好きでたまらなくなるほど自分の生活に必要なものとなりました。

3:悩みそのものを手放す

1と2のまとめになるのですが、最終的には悩みというのは手放す事がすべてとなります。1で必要な悩みと不要な悩みを見分け、2で必要な悩みを研究し尽くします。そうする事で、うまくいけば改善され、うまくいかなければ改善方法が無い事を知ります。

どちらに転ぶにしろ、この段階まで来ると、悩みはなくなります。私は今、自分のくせ毛が兄の髪質よりもずっとずっと好きです。強がりでも負け惜しみでもなく、本当に愛らしくて、大好きなんです。仮に今自分の髪質を笑われたとしても、なんとも思わないでしょう。

なぜか・・・?もう悩みを乗り越えてしまっているからです。やるだけやって無理だったからという諦めと、研究して行く過程で帽子が好きになった事もあったので、くせ毛でよかったと思えるようになりました。

このように悩みというのはとことん追求して解決しようと努力すると、最終的に消失し、良い思い出として残ったり、今では微笑ましい若かりし頃の些細な事として残っています。あなたの悩みがどんなものであれ、この3ステップを行うことで、私のように必ず解放される日が来ます。

そして自分の人生を共にしたパートナーのように、過去の悩みに愛着がわくようになります。是非ご活用くださいませ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加