> 趣味・ライフスタイル > 不安の大きさに順位をつけ、どんどん解消していくテクニック!

不安の大きさに順位をつけ、どんどん解消していくテクニック!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.07

不安って頭の中で考えると、際限なくひろがって行きませんか?わたしはこの対処法として、不安ノートなるものを作っています。今、不安に思っている事、心配している事をノートに延々と書いて行きます。思考というのは形がなく、制限を設けないと、どんどん大きく膨らんでしまうので、書き出す事でそれ以上増やさないようにする事が目的なんです。

なので今回は、不安の大きさに順位をつけ、どんどん解消していくテクニックについてお話ししようと思います。どうぞ最後までおつきあいいただき、不安の無い、安堵感に満ちた人生を歩まれてください。それでははじめようと思います。

不安をリストしていく

ノートにどんどんあなたの不安を書き込んで行ってください。パソコンのメモ帳などより、ノートの方が良いでしょう。編集が面倒なため、コロコロ変える事を防げますしね。不安を書き出して行くといつも思うのですが、自分の抱えている不安ってそれほど大した事はないなという事に気づきます。

頭の中だけで考えているからものすごい大きなもののように感じてしまうだけであって、実際はそれほど大きな問題でない事がほとんどです。そして実際にやってみると余計そう思います。いつも思うのが、こんなに簡単な事だったんならさっさとやっておけば良かったと思います。

そして、いつしかまたその簡単だった事を忘れ、放置し問題が大きくなる。この繰り返しをわたしは続けてしまっていて、意識のどこかでは変えないといけないと思ってはいたのですが、それを変える事が出来ずにいました。

そして、まずすべての不安の最初に、不安に対する不安をすぐに対処するという項目を書き込んだんです。放置しない。後回しにしない。面倒だ、時間がないと言い訳して、問題から逃げない。この生き方が出来るようになってからは、とても快適な生活がおくれるようになったんです。

不安リストの効果はとても大きいので、是非実践してみてください。その効果にあなたも驚くはずです。

やる事リストに組み込む

不安をノートにリストしていったら、それを毎日のやる事リストに追記していきましょう。たとえばわたしの実例で挙げると、わたしは一時期、体調が悪い日が続いた事がありました。頭痛や吐き気など、あまりに状態の悪い日が続いたので、少し不安になってきましたが、なぜか病院には行きませんでした。

もし病院に行き、酷い病気だったりしたら恐いとか思ったのかもしれませんし、他に理由があったのかもしれませんが、とにかく行きませんでした。しかしある時、酷い鈍頭痛のため立っていられなくなり、救急車で運ばれるまでになってしまいました。

結果としてはそれほど大きな病気ではなかったのですが、1週間程安静にしないといけませんでした。1週間後は普通に生活が出来るようになりました。ただ病院に行ったらとても安心して、一気に疲れが出て病気とは無関係に発熱してしまったんです。

よほどストレスに感じていたのでしょうし、溜め込んでいたのでしょうね。早く行っておけばこれほど苦しむ事もなかったのですが、目先の利益を求めてしまった結果でしょうね。いつも思うのですが、さっさとやっておけば問題が大きくなる前に対処出来るのに、いっつもなぜか後回しにしてしまう。コレはわたしの悪い癖でした。

そしてやる事リストに組み込んで行く事で、この問題はまだ完璧ではありませんが解消されつつあります。そうすると、人生はとてもスムーズに運ぶようになっていきました。

目先の利益を求めると悪い結果ばかりを招く

わたしの経験上、不安になるのは、放置して頭の中でごちゃごちゃ考えている時です。目先の利益を優先してしまうと、後にごちそうは待っていません。ダイエット中に食欲に負けて食べてしまうと太るのと同じです。目の前の利益を取るか、後のダイエット成功という大きな利益を取るかという話です。

なので、不安だと感じる前に片付けてしまうのはとても効果的な方法です。思いついた瞬間にすぐにやるんです。なにかやる事があったとしても、超スピードでどんどんどんどんこなしていくんです。考えちゃだめです。効率性とか優先順位とか、全部無視してもかまいません。

慣れてくると、徐々に順位をうまくつけられるようになっていきますから大丈夫です。最初のうちはめちゃくちゃな順番でやったとしても、立ち止まって考えてしまい、動けなくなるよりは100倍良いですので、とにかくどんどんやっていきましょう。

何度でも言いますが、不安というのは、餌を与えてはいけません。不安にとっての餌というのは「時間」です。不安というのは雪だるまのように思って良いです。時間が立てば立つ程、転がれば転がるほど大きくなっていく。手に負えなくなる前に対処しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加