> 趣味・ライフスタイル > 週末のプチ断食で、メタボ腹をしぼりきるダイエット方法とは

週末のプチ断食で、メタボ腹をしぼりきるダイエット方法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.04

2014_2_42

あれ?ベルトがやけにキツい…。
二十代前半のときはいくら食べても太らなかったのに、三十代前半からみるみる内に太ってきちゃいますよね。

きちんとジムなどでトレーニングをしたり、普段の食生活に気を配っていたりすれば別ですが、実際はそこまでやっているのは稀でしょう。

ひとり暮らしの男性の場合、仕事がキツければストレス解消の為にとドカ食い!飲み会ではしこたま飲む!自炊するときはパスタ300g茹でちゃうぜ!なんてこともままありますよね。とはいえ、そんな生活を続けていれば、やがて身体を壊してしまうにちがいありません。

人から「最近太った?」と聞かれて「洗濯してズボンが縮まったんだよ!ははは!」なんていうのはちょっと面白い返しかもしれませんが、落ち着いて鏡と現実を直視することをおすすめします。

楽して体重を絞りたい!

筋トレも面倒くさいし、食事制限もキツいし、そもそもそんな余裕はない!そんなときにおすすめなのが「プチ断食」です。名前から女性向けのイメージがあるプチ断食ですが、最近では男性の間でも流行っているというウワサです。

このプチ断食、とにかくお金がかからず全く面倒くさくない、というのが最大の特徴です。用意するものは、2リットルほどの水と野菜ジュースと少しの我慢。たったこれだけです。最近メタボ気味なそこのあなた!ちょっとだけ食い気を我慢してプチ断食、やってみませんか?

プチ断食、早速やってみよう!

用意するものは前述の通りですが、平日にやることはおすすめできません。下手をすれば仕事の最中に倒れてしまいますし、何より糖分も炭水化物も不足してしまっては、元も子もなくなります。実行するのは週末、できれば翌日も休みの土曜日がよいでしょう。

プチ断食には、半日のタイプと一日のものがありますが、初めてやる場合は半日がよいでしょう。水分はこまめに摂取するよう心がけてください。わずかな栄養とミネラルを補給し、空腹感を紛らわせるために、野菜ジュースは小分けにして飲むことをおすすめします。

そして翌日、半日断食の場合は夕食ですが、なるべく消化によいものを少量だけ食べてください。ここで「やったー!断食空けだからいっぱい食べるぞー!」なんてやってしまうと、やる前より体重が増えてしまう可能性もあります。一番の難関ですが、ここさえ乗り切れば成功となります。

プチ断食のメリットとは?

女性にとってのプチ断食は、「老廃物の除去」と「便秘の解消」が主なメリットとして推されているように思えます。「身体を内側からキレイに!」というやつですね。水分以外を摂っていないので、必然的に身体のモノは全て外に流す効果があるということです。

ですが男性がメタボ解消としてする場合には、「胃が小さくなる」「臓器を休ませる」ということが最大のメリットです。やっていただければわかりますが、プチ断食をした翌日は、普段ものすごい量を食べている方でも、そんなにお腹が減らなくなるのです。

ラーメン屋に行って、普段ならばラーメン大盛りに餃子とライスとビール、なんて頼み方をしていても、「ラーメン普通盛りだけでもよくない?」というくらいに胃が縮小するのです。もちろん、ここでなんとなくドカ食いをしてしまっては、胃が元の状態に戻ってしまうので注意です。

また、臓器、特に胃などは実は肩のコリなどと密接に関係しています。「健康になる=ストレスが軽減される」ということですから、ドカ食いをする要因をひとつ潰せるということになるのです。食べ過ぎでメタボになってしまった場合は、食事を「そこまで量を食べたくない」、にもっていくだけで驚くほど腰回りを落とすことができるんです!

予想される困難

「一日ならともかく半日なら余裕でしょ!」と思っても、夕方を過ぎたあたりからかなりキツくなってきます。空腹との戦い、そして頭痛。これを乗り越えなければならないところだけがプチとはいえ断食の辛いところですね。

とはいえ、いずれにしても無理のない程度に行うように心がけましょう。また、2日以上やる場合は専門家の指導なども必要になってきますので、いくらメタボを解消したいからといっても無理は禁物ですよ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加