> 趣味・ライフスタイル > 出来る男になる時に出てくる4つの悩みと解決法とは?

出来る男になる時に出てくる4つの悩みと解決法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.22

誰だって褒められたい、出来る男って認められたい気持ちはあるものです。

小さい頃から親に褒められること、友達から認められること、好きな人から褒められたりするのはとても嬉しいことではないでしょうか。

そうして出来る男になりたいという気持ちは大人になってからも出てきて、ですがそれを実現しようとする時に出てくる4つの悩みがあります。

悩み1.何をしていいか分からない

最初に出てくる悩みは、出来る男になれば周りから褒められたり認められたり、自分はそうじゃなくてもそういう人を見れば自分もそうなりたいと思う気持ち、その原動力があっても実際に何をすればいいか分からないところからスタートするのではないでしょうか。

そもそも出来る男、かっこいい男の見方は人それぞれで、びしっとスーツでキメている人をかっこいいという人もいれば、スウェットのようにアットホームな格好で優しそうな人がかっこいいという人もいます。

力強くてゴツい人がかっこいいという人もいれば、スマートで髪が長く、ホストのような人をかっこいいという人もいます。

ここで周りの意見に振り回されると自分がかっこいいと思う男がブレてしまうので、周りの意見で参考になるところは取り入れつつ、あくまでこうなりたいという理想は持っておくとブレにくいかもしれません。

悩み2.情報が多すぎる

次に出る悩みは出来る男になるための情報が多すぎるということではないでしょうか。

ファッションと同じく見ていれば、ブームによって何でも出来る男とつければいいと思えるような情報もあるので、普遍の知識のようなものを選ぶと振り回されないでしょう。

出来る男の定番はこれだよね、といわれるものは毎年変わらず、変わったとしても少しの変化なら自分でも最初は取り入れにくくてもずっとそればかり追求していれば上達していくでしょう。

スーツにメガネといったおしゃれファッションは時代の流れもそうですが、それを見た時に「かっこいい」と思う気持ちは時代の流れに振り回されるものというより人の感情なので、ずっと在り続けるものです。

変わり続ける情報を選ぶのか普遍の情報を選ぶのか、普遍の情報をアレンジした情報に振り回されるより、その元となっている普遍の情報を求めるといい結果に繋がるかもしれません。

悩み3.やることが多すぎて圧倒される

出来る男になるという点から考えたら不確定要素が多く、これがあれば出来る男になれるというものがあればいいですが、たとえ仕事が出来ても人付き合いが悪かったり恋人に不満を持たれていたり、その逆だったり仕事は出来ても不健康だったり、色々な面からやらないといけないことに圧倒される感覚になることもあるかもしれません。

そういう時は細かい情報を1つ1つ見ていくよりも、それらを含めた情報をやってみると時間がたりないやることが多すぎると振り回されることが減ると思います。

例えば、ダイエットという視点から見ると腹筋運動、上半身を鍛える、下半身を鍛える、内臓脂肪を取る、ゆっくり動く、姿勢をよくする、そうやって1つ1つ見ていくとキリがありません。

ですが、それらをまとめると「運動」という1つにくくることができれば、それらの効果が含まれた運動を一度にやると、1つ1つに時間をかけすぎる必要もなくなるでしょう。

確かに全部やったほうが健康にいいというものもあるかもしれませんが、そもそも出来る男になるために健康法をやっているのに、出来る男が発揮出来る時間がなくなるまで健康に時間と労力を使ってしまったら、何が目的か分からなくなります。

悩み4.新しいノウハウを求めてしまう

これはやろうと思っても先に進まない人の特徴で、これさえあれば何とかなると色々な情報を集めても何とかならない人は、行動が伴っていないケースです。

誰でも新しいことをするのは不安だし怖いことですが、ノウハウを手に入れれば出来た気になる、やれた気になるのはノウハウコレクターと呼ばれる人が陥りやすいところです。

ですが、やはりどんなに優れたノウハウを手に入れてもそれが実行されなければ結果は出ないので、ノウハウばかり集めているうちは「自分は新しいことをするのが不安なんだ、怖いんだ」と思って自分を振り返ってみると、それだけノウハウを集めることと結果を出すことがイコールではないことが分かると思います。

これらの悩みは行動に移すことが出来ない人によくある悩みで、1つの知識をとにかく試そうとするようになれば、そうした悩みも減ると思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加