> 趣味・ライフスタイル > ダイエットを成功に導くアドバイス!夏でもお腹を温めてみよう!

ダイエットを成功に導くアドバイス!夏でもお腹を温めてみよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.01

2013年は帰り梅雨がありました。ジメジメと高温の日が度々訪れ、体調を保つ事が本当に難しくなっています。こんな時期はクールビズが効果を発揮しますが、あまりお腹を出しすぎるのも考えもの。お腹を冷やすとダイエットにも不都合がある様です。

そもそも、「お腹を冷やしたらダメ」と教育を受けた方は大変多いかと思いますが、海外ではその風習が無い様です。なので、「ハラマキ」等は海外の方が見ると何だか分からない方が多いです。

この日本人独特の「お腹を冷やしたらダメ文化」は健康だけでは無く、ダイエットにも効果がある素敵な文化でした。では、そもそもお腹を冷やすとどんな弊害があるのでしょうか。

一つ目は、代謝が落ちる事です。代謝が落ちる事により、便も出にくくなり、結果として老廃物が長い時間身体の中に留まり毒素を出し、健康も害し体重も増えてしまいます。

二つ目は、抵抗力が落ちる事です。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、風邪など菌やウイルスが身体に入って来た時、発熱する事によって身体を防衛しようとします。体温が高くなれば一気に抵抗力も高くなるのです。

その逆に、いわゆる「低体温」の方は、36.0℃以上の体温の方より格段に抵抗力が落ちてしまいます。お腹は内蔵があるので温める事によって臓器が活性化されます。

三つ目は、脂肪が溜まりやすい身体になってしまう事です。これが最も怖い事です。脂肪が溜まれば、当然肥満になってしまいますし生活習慣病にも繋がってしまいます。

「しゃぶしゃぶ」を食べた後に冷めていく鍋を見たら肉の脂が固まっていくのが分かりますよね。あれと同じ様な事が私達のお腹でも起ってしまうのです。それが溜まっていく事を考えたら、考えるだけでも恐ろしい事です……。では、どうすればお腹を温める事ができるのでしょうか。

まずお勧めは「適度な運動」暑い時期の運動を怠ってはいませんか?会社へ出勤する以外は、なるべく家の扇風機やエアコンの前でジッとしていたいところですが、それがいつの間にか運動不足に繋がっているかもしれません。こまめに水分を補給しながら「運動で汗をかく」事を習慣にしましょう。

次に「物理的に温める」方法。暑いからと言って、お腹を出す事は禁物。アイスやビール等、冷たいものばかり飲んだり食べたりする事も極力避けましょう。ドラッグストアなどに売っている「蒸気で温める○○」の様なグッズを使うのも効果的です。

最後に「栄養」やはり「食」というのは大切であって、体質改善をすれば、自然に体温も高くダイエットもしやすい状態になります。「タンパク質」は、体温を上げる為にも、筋肉を作り脂肪を燃焼させやすい身体にする為にも有効な栄養素です。

あなたもお腹を温めて、ダイエットを成功させ健康的な身体を手に入れましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加