> 趣味・ライフスタイル > 誠実と曖昧の使い分けが人間関係を円滑にするコツ

誠実と曖昧の使い分けが人間関係を円滑にするコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.02

大人になれば分かる事

若い頃など、本気で自分と向かい合っている人なら、誰もがぶちあたる壁の一つだと思います。人間関係についてです。社会に出て、多くの人とコミュニケーションを交わす中において、何かとスムーズには行かないんですよね。

ですが、それは若い人だけではありません。価値観は人それぞれですから、全くもっての正解などは、どの年代になってもありません。なので””完璧””と言う言葉には、矛盾があるのです。

それでも、少しでも円滑にしたいと考えるのであれば、これからご紹介するとある方法を意識されてみてください。

大人になれば、人生経験も豊富なため、これらは自然と身についているものですが、人との関係に苦戦する若い現状を何とか改善したいと考えるのであれば、おすすめです。

子供の頃に感じた””大人””を思い浮かべましょう

学生の頃や子供の頃、誰もが、純粋にまっすぐ生きていたと思います。好きなもの嫌いなもの、面白いもの、面白くないもの、どれもをストレートに表現していた事でしょう。

そんな中、大人の会話を聞いたとき、妙な違和感を感じられた事など無いでしょうか。何かと「曖昧」に話す印象です。

何故まっすぐ話さないのだろう。何故分かり切っていることなのに、思い出せないようなフリをするのだろう。そんな疑問が湧いた事など、一度はあるのではないでしょうか。ですが、あれもまた一つの、コミュニケーションにおいての有効な手法なのです。

内容よりも会話そのものを

何故そうするかと言えば、それは日本独特の、””察し””の文化が現れているからです。日本人は、何かと直接的表現ではなく、””察し””で意思を疎通します。曖昧な表現から、伝えようとしている意図を頭で想像し合って、それによりコミュニケーションを図ります。

大人になれば、そのコミュニケーションそのものを楽しめる余裕なども得られてきます。また、目下の人との会話でもそれは有効です。直接的にずばり言うより、曖昧に察してもらった方が、よりソフトで優しい伝え方となるからです。

これが、子供の頃に大人の会話に受けた曖昧な印象の正体の一つです。コミュニケーションにおいてとても有効なので、こう言った、””会話のニュアンス””を感じられる感覚を、磨いてみましょう。

時に誠実な面を交える

ですが、ソフトな会話ばかりでもいけません。強く伝えたいとき、誠意を表したい時には、全く真逆の、””誠実””なニュアンスを使いましょう。伝えるべき事のみを、ですます調などでハキハキと話すのです。

この時、普段からは柔和な話し方をしているのであれば、この誠実さはより効果を現し、言葉、気持ちの印象が増します。

二つを使い分けるのです

普段の何気ないコミュニケーションでは、””曖昧さ””を。そしてしっかり伝えたい、大事な局面では””誠実さ””を。この二つを美味く使い分けられさえすれば、あなたはとてもコミュニケーション上手です。

慣れないうちは、目下の優しく接したい人間には曖昧に、上司など目上の人間には誠実に…と、決めて話をするのも無難でしょう。

これに慣れてきたら、徐々に””その間くらい…””などと言った繊細な使い分けも出来る様になってきます。社会に出たてなどなら、二つの意識で十分です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加